茅ヶ崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ちがさきし
茅ヶ崎市
A0127342 13175141.jpg
浜降祭の様子-茅ヶ崎市
Flag of Chigasaki, Kanagawa.svg
茅ヶ崎市旗
神奈川県茅ヶ崎市市章.svg
茅ヶ崎市章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
団体コード 14207-7
面積 35.70km²
(境界未定部分あり)
総人口 237,911
推計人口、2015年2月1日)
人口密度 6,660人/km²
隣接自治体 藤沢市平塚市高座郡寒川町
市の木 アカシア
市の花 ツツジ
市の鳥 シジュウカラ
茅ヶ崎市役所
所在地 253-8686
神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎一丁目1番1号
北緯35度20分1.9秒東経139度24分17秒座標: 北緯35度20分1.9秒 東経139度24分17秒
茅ヶ崎役所庁舎
外部リンク 茅ヶ崎市

茅ヶ崎市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

茅ヶ崎市(ちがさきし)は、神奈川県中南部に位置し、相模湾に面した湘南地方の中心に位置する特例市である。市名は中世以来の郷名による。

概要[編集]

相模川下流域の沖積平野に位置し、高座郡の内、旧茅ヶ崎村鶴嶺村松林村が合併し現茅ヶ崎市の原型である茅ヶ崎町が出来る。昭和30年の小出村の合併を加えほぼ現況に至る。高座郡の郡衙茅ヶ崎北陵高校の地域にあったと推測されるが、発掘は近年であり現在に至る歴史の流れは掴めていない。

人口は平成25年度現在で236,677人で特例市の一つである。気候は温暖で太平洋に面しているため、関東地方に於いては高温になりにくく、は暖かい方である。そのためか東京横浜ベッドタウンでも人気があり市制施行以来人口は一貫して増え続けている。繁華街は茅ケ崎駅南北周辺が主で小規模ながら活気はある。またマリンスポーツの盛んな地域の為、海沿いにかけてサーフショップが多い。また、いわゆる湘南らしさを求める住民が多いことから、輸入物などの個人経営の雑貨屋も南側に多く見られる。

また観光都市の側面も持っており湘南海岸の一翼を担い、夏には海水浴場としてサザンビーチちがさきがオープンし多くの海水浴客が訪れる。サーフィンマリンスポーツをする人も一年を通して多く存在する。また市内の海岸線にはサイクリングロードが設けられ、マリンスポーツ以外にも多くの市民がサイクリングやジョギング、散歩を烏帽子岩江ノ島富士山を始めとする伊豆半島伊豆大島を眺めながら楽しむことが出来る。また釣り船もあり、投げ釣り以外にも釣り客は多い。近年砂浜侵食が激しいため、ヘッドランド(通称「Tバー」)と呼ばれる養浜施設が設けられ対応している。なお、Tバーはサーフィン、釣りの好スポットとなっている。のレジャー以外にもゴルフ場丘陵に2か所、海沿いに2か所ある。アウトドアでは平成25年に柳島キャンプ場がリニューアルオープンし、「茅産茅消」を謳う所謂地産地消型の食材が有り、また海沿いの好立地を活かし活況である。北部は相模原台地の丘陵地帯であり特別緑地保全地区の清水谷や市民の憩いの場である 神奈川県立茅ヶ崎里山公園を中心に里山の豊かな自然を残そうと努力している。その他市内に2ヶ所の温泉施設がある。

一方で住宅地の人口増加に伴い第一次産業従事者の数は減り続けている。特に平野部の田園地帯はほぼ姿を消した。また隣接する藤沢市平塚市に比べ工場の数も少ないため、市内に於いて生産業に従事する者は多くない。海の日関東三大奇祭である浜降祭が行われ茅ヶ崎の夏の訪れとなる。

市内の鉄道駅にJR東日本東海道線茅ケ崎駅がある。また茅ケ崎駅はJR東日本相模線の始発駅でもあり、同線北茅ケ崎駅香川駅と市内に合計三駅存在する。核となる都市は茅ケ崎駅周辺であり行政、商業の中心地となっている。一方市内東部の住民は通勤通学に隣接する藤沢市の辻堂駅を利用する者も多い。特に辻堂駅再開発事業湘南C-Xには駅西口を中心に茅ヶ崎市も一部財源を負担している。また湘南ライフタウン付近の住民は辻堂駅以外にも小田急江ノ島線湘南台駅の利用が便利で直通のバスも出ている。

市内の道路は道が狭く、且つ東海道線南北の移動は概ね踏切が多いことも拍車をかけ国道134号線新湘南バイパス湘南新道神奈川県道46号相模原茅ヶ崎線を除き事情は良くない。特に行政・商業の中心となる茅ケ崎駅北側直ぐを通る国道1号線を筆頭に渋滞が多いため、自動車での移動に手間がかかる。一方で鉄砲道の全面開通を初め少しづつではあるが行政も改善の方向に向けているが遅々として進まないのが現状である。そのため自転車利用者が多いのも特徴であるが、近年の全国的な風潮としてマナーの悪さも目立つ為改善に向けて努力をしている。

地理[編集]

相模原台地の丘陵地帯と相模川の河口に形成された砂州地帯で、市内には小出川(こいでがわ)と千の川が南西に流れ相模川に注いでいる。

江戸時代東海道五十三次藤沢宿平塚宿の間の農村地帯で、東海道中に2ヶ所しかない左富士(道中ではいつも右に見える富士山が左手に見える)の場所として浮世絵の題材としても知られた。現在、国道1号鳥井戸橋で「南湖の左富士」のレリーフを見ることができる。

かつて柳島湊が存在したが、現在は消滅している。また藤間温泉も柳島に存在した。

1988年(昭和63年)撮影の茅ヶ崎市中心部周辺の空中写真。1988年撮影の5枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

歴史[編集]

  • 1908年(明治41年)10月1日 - 高座郡茅ヶ崎村鶴嶺村および松林村と合併し、茅ヶ崎町となる。
    駅名として広く知られているという理由から、新町名は茅ヶ崎町とした。町役場は南湖の金剛院に置く。人口は16,860人。
  • 1911年(明治44年)8月 - 町役場が字梅田(元の茅ヶ崎村役場所在地。現在は茅ヶ崎商工会議所が所在)へ移転。
  • 1921年大正10年)9月28日 - 相模鉄道相模線が開業。

戦前から戦後にかけては保養地、別荘地であったが、急速に東京横浜ベッドタウンとして都市化が進行した。

人口[編集]

Demography14207.svg
茅ヶ崎市と全国の年齢別人口分布(2005年) 茅ヶ崎市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 茅ヶ崎市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
茅ヶ崎市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 129,621人
1975年 152,023人
1980年 171,016人
1985年 185,030人
1990年 201,675人
1995年 212,874人
2000年 220,809人
2005年 228,420人
2010年 235,140人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

歴代市長[編集]

  • 初代 添田良信(1947-1949)
  • 二代 内田俊一(1949-1953)
  • 三代 出口肇(1953-1967)
  • 四代 内田俊一(1957-1961)
  • 五代 野村宣(1961-1967)
  • 六代 柾木一策(1967-1987)
  • 七代 根本康明(1987-1999)
  • 八代 添田高明(1999-2003)
  • 現職 服部信明(2003-)

警察[編集]

消防[編集]

医療[編集]

指定金融機関[編集]

パブリックコメント制度[編集]

茅ヶ崎市では、市の計画などの策定過程における公正の確保と透明性の向上を図ることで市民の意見や要望を積極的に市政に反映させるために、パブリックコメント制度を設けいている。平成15年11月1日から施行され、現在に至る。もちろん、過去の記録も残っている。

立法[編集]

市議会[編集]

  • 定数:28名
  • 任期:2011年(平成23年)5月1日~2015年(平成27年)4月30日
  • 議長:広瀬忠夫(湘風クラブ、3期)
  • 副議長:中尾寛(公明ちがさき、3期)
会派名 議席数 議員名(◎は代表)
新政ちがさき 7 ◎岸正明、小磯妙子、海老名健太朗、吉川和夫、和田清、花田慎、西田淳一
湘風クラブ 7 ◎柾木太郎、伊藤素明、岡崎進、広瀬忠夫、岩田はるみ、青木浩、山田悦子
公明ちがさき 5 ◎白川静子、高橋輝男、中尾寛、滝口友美、山崎広子
ちがさき新風会 3 ◎千葉繁、小島勝己、水島誠司
茅ヶ崎クラブ 3 ◎岸高明、松島幹子、新倉真二
無所属 3 早川仁美、永瀬秀子、長谷川由美

※2014年(平成26年)3月20日現在。

神奈川県議会(茅ヶ崎市選挙区)[編集]

  • 定数:3名
  • 任期:2011年(平成23年)4月30日~2015年(平成27年)4月29日
氏名 会派名
佐藤光 自由民主党神奈川県議会議員団
日下景子 民主党・かながわクラブ神奈川県議会議員団
岩本一夫 みんなの党神奈川県議会議員団

※2014年(平成26年)3月20日現在。

経済[編集]

産業[編集]

茅ヶ崎漁港
東邦チタニウム株式会社・本社(金属チタンなどを製造する企業。)
株式会社アルバック・茅ヶ崎本社工場(真空装置を製造する企業)
モリタ宮田工業株式会社・本社(消火器などを製造する企業。)
AGCセイミケミカル株式会社・本社および工場(AGCグループのファインケミカルメーカー)
パナソニック株式会社エナジー社・茅ヶ崎・辻堂工場
パナソニックCCグラフィックス株式会社
株式会社オーテックジャパン・本社(特装車の企画開発・製造。)
BASFポゾリス株式会社・茅ヶ崎工場(コンクリート混和剤などを製造する企業。)
TOTO株式会社・茅ヶ崎工場

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

  • 姉妹都市
    • アメリカ合衆国の旗 - ホノルルハワイ州) 2014年(平成26年)10月25日提携。「ビーチ」「サーフィン」「アロハ」といった共通した文化的な背景から。同日にはハワイ商工会議所と茅ヶ崎商工会議所との姉妹会議所の調印も行われている。

地域[編集]

概ねJR東日本東海道線によって南北に分けられる。北部は更に旧小出村部分と分けられる。市役所及び、主な商工業地域は北部茅ケ崎駅周辺に集中している。また南部は湘南海岸に面し、いわゆる湘南らしい高層施設の少ない街並みとなっている。旧小出村地区には 神奈川県立茅ヶ崎里山公園 があり長閑で自然環境豊かな地域である。又、東部は鎌倉時代に藤沢市辻堂と共に八的が原と呼ばれていた。

隣接している自治体[編集]

藤沢市平塚市高座郡寒川町

教育[編集]

小学校[編集]

茅ヶ崎市立

  • 小和田小学校
  • 汐見台小学校
  • 松林小学校
  • 茅ヶ崎小学校
  • 鶴が台小学校
  • 松浪小学校
  • 緑が浜小学校
  • 室田小学校
  • 柳島小学校

私立

中学校[編集]

茅ヶ崎市立

  • 赤羽根中学校
  • 梅田中学校
  • 円蔵中学校
  • 松林中学校

私立

高等学校[編集]

神奈川県立
私立

特別支援学校[編集]

  • 神奈川県立茅ヶ崎養護学校

大学・短期大学[編集]

専門学校[編集]

  • 茅ヶ崎看護専門学校
  • 茅ヶ崎リハビリテーション専門学校

その他[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

みちの愛称事業[編集]

茅ヶ崎市は「みちの愛称検討委員会」を職員と公募した市民で開き、道路愛称を街頭インタビューや公募などで決定し発表している。

平成12年度には国道1号の南側14路線、平成13年度には国道1号と新湘南バイパスの間10路線、平成14年には新湘南バイパス北側の7路線の愛称が発表された。

このような「みちの愛称」を茅ヶ崎の文化とする人がある一方で、旧住民が「東海岸通り」と呼んでいた道路に観光客や新住民が使い始めた加山雄三にちなむ雄三通りを採用したり、サザンオールスターズの人気にあやかろうとして「サザン通り」を採用したりした行政の姿勢を軽薄であるとする批判意見や抵抗感を示す住民もいる。「ラチエン通り」「一中通り」「鉄砲道」などはすでに通称として市民や観光客に広く使われていたものが採用された。

主なみちの愛称[編集]

  • 雄三通り(以前は加山雄三邸が海岸付近にあった。旧くは加山雄三の父親の名から上原謙通りとも呼ばれた。駅南口の東側から、サザン通りに平行して南北に走る。)
  • サザン通り(駅南口の西側から、小さい丘を越えてサザンビーチに至る南北の尾根道。)
  • ラチエン通り烏帽子岩が美しく見える。ルドルフ・ラチエン(ユダヤ系ドイツ人)の邸宅があったことによる。)
  • 一中通り(市立第一中学の東側を通る南北の道。)
  • 大岡越前通り(大岡越前守忠相の墓のある浄見寺の北側を東西に走る。)
  • 石神古墳通り(国道1号線の南側の下道。駅北口から相模線の踏切を通り、東に抜ける。駅構内にあった古墳による命名。)
  • 鉄砲道(1728年江戸幕府腰越村(現:鎌倉市内)から柳島村(現:茅ヶ崎市内南西部)にかけて設置した相州炮術調練場にちなむ。)てっぽうみちと読む。
  • 浜竹通り(辻堂駅西口から湘南新道を通じ、湘南海岸に至る。)
  • 桜道(茅ケ崎駅南口から浜竹通りに至る。かつて桜の多い道路ではあったが、近年はラチエン通りとの交差点に残る程度である。)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 烏帽子岩(姥島)
  • 平島
  • 旧相模川橋脚 - 国指定の史跡。大正12年(1923年関東大震災と大正13年の地震によって地表に現れ、沼田賴輔(歴史学者)により旧相模川橋脚であるとされた。最近の調査では相模川本流ではないと推測されている。史跡整備事業が行われ、2008年3月29日にオープンした。
  • 堤貝塚 - 県指定の史跡。相模川沿岸に残る数少ない貝塚で、縄文時代後期(紀元前4000年-3500年)の集落址に伴うものである。規模も大きく、保存状況も良好で、当時の生活を知る上で極めて重要かつ貴重な遺跡である。指定地はその一部分である。
  • 下寺尾官衙遺跡群 - 茅ヶ崎北陵高校校舎建て替えの際に発見された高座郡の郡衙跡。平成26年11月国指定の史跡に認定。官舎、祭祀場、船着場、下記七堂伽藍等が纏まっている。
  • 七堂伽藍跡 - 茅ヶ崎北陵高校のある高台の南側、一段低くなった畑地の広がる一郭の下寺尾、「七堂伽藍跡(しちどうがらん)」と刻まれた高さ3m余りの石碑が建っている。七堂伽藍とは、いくつかの建物から成る大きな寺院のことをいう。昔からこの辺りに大きな寺があったという言い伝えがあり、試掘調査の結果、古がわら片をはじめ、灯明皿など寺の存在を裏付ける遺物が数多く出土している。
  • 国木田独歩の碑
  • 平塚らいてうの碑
  • 仮名垣魯文の碑 - 父親の実家が萩園にあり、魯文も一時期いた。
  • 佐々木卯之助の碑 - 現在の鉄砲道と旧道との分岐点(東海岸五丁目)にある。役人だが幕府に内緒で困窮の農民に鉄砲場内での耕作を許して島流しとなった。
  • 鉄砲道 - 相州炮術調練場(幕府の鉄砲場)に至る道であったという説がある。近年、東西に開通したので俗に「鉄砲通り」ともいう。かつては行き止まりであったので「道」と称した。
  • 團十郎山の碑 - 九世市川團十郎の別荘跡地(茅ヶ崎市平和町)に建立された[7]
  • 藤間家住宅主屋 - 国指定の登録有形文化財。昭和初期の和洋折衷住宅の先駆け。一般住宅なので要注意。

神社仏閣など[編集]

レジャー[編集]

観光[編集]

祭り[編集]

サーフスポット[編集]

市内東から

  • クソ下 藤沢市境(汐見台地域。同市の下水処理場が近い事から)
  • チサン 学園通り前(チサンホテルがかつて営業していた為)
  • チーパー ゴルフ場前(チサンとパシフィックホテルの間)
  • パーク 第一中学前(かつてあったパシフィックホテルの前。Tバー東側)
  • 裏パーク Tバー西側(ヘッドランド西側の為、グーフィー中心)
  • 白樺 中海岸前(同名の屋号を持つ食堂があった事から)
  • 西浜 茅ヶ崎漁港の西側(かつて市内でも有数のビッグウェーブが来るポイントであったが、近年砂浜の侵食が激しくスポットとして後退している)

かつての西浜を除き、概ねビギナーから始められるポイントが多いが、ビッグウェーブが来ている際は上級者が幅を効かせるので自分のレベルにあった波乗りを心掛けたい。

ゆかりの有名人[編集]

茅ヶ崎市出身の有名人[編集]

芸能・音楽関係者[編集]

アナウンサー・ナレーター[編集]

スポーツ選手[編集]

茅ヶ崎市に関係のある有名人[編集]

歴史上の人物[編集]

画家[編集]

芸能人[編集]

俳優[編集]
フリーアナウンサー[編集]

作家[編集]

音楽関係者[編集]

映画監督[編集]

スポーツ選手[編集]

宇宙飛行士[編集]

デザイナー[編集]

その他[編集]

表彰および褒章[編集]

歴代名誉茅ヶ崎市民[編集]

茅ヶ崎市民栄誉賞歴代受賞者[編集]

  1. 野口聡一宇宙飛行士
  2. 土井隆雄(宇宙飛行士)
  3. 山本昌(本名:昌広。中日ドラゴンズ投手)
  4. 三科真澄ソフトボール日本代表内野手(ルネサスエレクトロニクス高崎 女子ソフトボール部所属)/北京オリンピック金メダリスト)
  5. 杉山愛(プロテニスプレーヤー)
  6. 加山雄三(俳優歌手)
  7. 桑田佳祐(歌手)

茅ヶ崎を舞台にした作品[編集]

茅ヶ崎に関係する詞(コトバ)が歌詞中にある主な歌[編集]

その他[編集]

  • 市外局番:市内全域で0467(藤沢市0466とは同一MAの為市内料金で通話できる。同じ市外局番の鎌倉市も同様)
  • 2004年、市立中学校創価学会歌演奏強要事件が起きた。
  • 市の一部地域が低地となっているため、大雨が降ったときにしばしば道路が冠水したり住宅が浸水することがある。
  • カッパ伝説が残されている(カッパ徳利伝説)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古代より平坦な砂地で、鎌倉時代に弓の練習場として八つの的が置かれたことから。
  2. ^ 低い丘や芝原に松が多く、「八的」が後に「八松」と書かれるようになったといわれる。
  3. ^ 同日、自治省告示第109号
  4. ^ 同年10月26日、自治省告示第200号
  5. ^ 昭和47年条例第25号、茅ヶ崎市役所の位置を定める条例
  6. ^ 平成14年12月13日政令第372号
  7. ^ 団十郎山の碑 茅ヶ崎発見

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光