神奈川師範学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

神奈川師範学校 (かながわしはんがっこう) は新制横浜国立大学学芸学部 (現・教育学部) の前身の一つとなった師範学校である。

沿革[編集]

神奈川県立期[編集]

小学校教員養成所、師範学校、横浜師範学校[編集]

  • 1874年1月: 神奈川県、県内4中学区 (横浜・日野[現港南区]・羽鳥[現藤沢市]・浦賀) に小学校教員養成所を設置。
  • 1875年4月: 小学校教員養成所を師範学校と改称。
    • 横浜から順に、第一師範学校 ~ 第四師範学校と呼称。
  • 1876年4月: 横浜師範学校を設置 (横浜 花咲町)。
    • 第二 ~ 第四師範学校を第一師範学校に統合。

旧・神奈川県師範学校[編集]

  • 1879年5月: 神奈川県師範学校と改称 (横浜・老松町の旧修文館)。
  • 1882年: 師範学校教則大綱に準拠。
    • 初等師範科 (1年制)・中等師範科 (2年制)・高等師範科 (4年制) を設置。

神奈川県尋常師範学校[編集]

神奈川県師範学校[編集]

  • 1898年4月: 師範教育令により神奈川県師範学校と改称。
  • 1902年4月: 横浜市岡野町の県立高等女学校内に講習科を附設。
    • 修業年限6ヶ月。小学校女子教員養成を目的とした。
  • 1907年1月: 神奈川県女子師範学校を設置 (講習科を分離独立)。
  • 1908年2月: 師範学校規程により学則制定。
    • 本科第一部 (4年制)・予備科 (1年制、高小卒対象)・本科第二部 (1年制、中学卒対象) を設置。
  • 1923年9月: 関東大震災で全校舎倒壊。
  • 1925年: 本館再建竣工。
  • 1925年4月: 本科第一部が 5年制となる (高小卒対象)。
  • 1926年4月: 専攻科 (1年制) を設置。
  • 1931年4月: 本科第二部が 2年制となる。

神奈川県女子師範学校[編集]

  • 1907年1月: 神奈川県女子師範学校設置認可 (文部省告示第6号)。
  • 1908年2月: 師範学校規程により学則制定。
    • 本科第一部 (4年制)・予備科 (1年制、高小卒対象) を設置。
  • 1922年: 本科第二部を設置。
    • 修業年限: 4年制高等女学校卒業者は2年、5年制高等女学校卒業者は1年。
  • 1923年9月: 関東大震災で本館以外の校舎倒壊、附属小学校を焼失。
  • 1923年11月: バラックで授業再開。
  • 1925年4月: 本科第一部が 5年制となる (高小卒対象)。
  • 1926年4月: 専攻科 (1年制) を設置。
  • 1927年4月: 横浜市中区立野の新校舎に移転。
    • 県立高等女学校は岡野町に残った。
  • 1931年4月: 本科第二部が 2年制となる。
  • 1936年神奈川県立第二高等女学校 (現・神奈川県立横浜立野高等学校) を併設。

官立期[編集]

神奈川師範学校[編集]

  • 1943年4月1日: 神奈川県師範学校・神奈川県女子師範学校を統合し、官立神奈川師範学校設置。
    • 旧神奈川県師範学校校舎に男子部、旧神奈川県女子師範学校校舎に女子部を設置。
    • 男子部・女子部にそれぞれ本科 (3年制、中等学校卒対象)・予科 (2年制、高小卒対象) を設置。
  • 1945年5月29日: 空襲で女子部校舎 (本館を除く) を焼失。
  • 1949年5月31日: 新制横浜国立大学発足。
    • 神奈川師範学校は青師と共に学芸学部の母体として包括された。
    • 師範学校男子部 (鎌倉) に学芸学部 (本校)、女子部 (横浜・立野) に横浜分校を設置。
  • 1951年3月31日: 旧制神奈川師範学校、廃止。

校地[編集]

神奈川師範学校男子部

前身の神奈川県師範学校から引き継いだ鎌倉市雪ノ下の校地を廃止まで使用した。鎌倉校地は後身の横浜国立大学学芸学部に継承されたが、1965年1月に火災で第1棟 (旧師範学校本館)・第2棟を焼失した。1966年に教育学部と改称後、同年末に清水ヶ丘の経済学部キャンパス (旧横浜経専校地) に移転。1974年8月には、現在の常盤台キャンパス (横浜市保土ケ谷区) に移転した。

旧鎌倉校地は現在、横浜国立大学教育学部附属鎌倉小学校同中学校の校地となっている。

神奈川師範学校女子部

前身の神奈川県女子師範学校から引き継いだ横浜市中区立野の校地を廃止まで使用した。立野校地は後身の横浜国立大学学芸学部に引き継がれ、横浜分校となった。1953年4月からは全学部の一般教育が横浜分校で行われた。1959年9月、横浜分校は清水ヶ丘 (経済学部キャンパス) に移転し、1971年に廃止された。

旧立野校地は現在、横浜国立大学教育学部附属横浜小学校の校地となっている。

歴代校長[編集]

神奈川県師範学校(前身諸校を含む)
  • 奥村精一: - 1890年12月25日
  • (兼)須田辰次郎:1891年1月12日 -
  • 須田辰次郎:1892年4月1日 - 1895年8月27日
  • 中村五六:1895年8月27日 -
  • 朝夷六郎:1898年1月8日 - 1899年10月26日
  • 久保田貞則:1899年10月26日 - 1907年6月14日
  • 中山民生:1907年6月14日 - 1909年7月31日
  • 内堀維文:1909年9月7日 - 1913年5月31日
  • 里村勝次郎:1913年5月31日 -
  • 永瀬伊一郎:1921年3月31日[1] -
神奈川県女子師範学校
  • (兼)新原俊秀:1907年4月9日 - 1913年5月31日)
  • 相沢英二郎 → 改名:相沢英次郎[2]:1913年5月31日 -
神奈川師範学校

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2602号、大正10年4月7日。
  2. ^ 『官報』第330号、大正2年9月3日。
  3. ^ 『官報』第4865号、昭和18年4月2日。
  4. ^ a b 『官報』第5565号、昭和20年8月1日。

関連書籍[編集]

  • 教育学部史編纂委員会(編) 『横浜国立大学教育学部の歩み』 横浜国立大学教育人間科学部、2002年3月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]