上士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上士(じょうし)は、武士身分のひとつ。江戸時代の上級藩士である。上士や平士郷士などとわけたときの最上位の家格のことである。騎乗が許されたことから騎士とも。

土佐藩の場合[編集]

山内家の土佐入封時、掛川城主時代までの家臣(板垣退助らの家系)や土佐入封前に大坂牢人を取り立てたもの(後藤象二郎らの家系)、長宗我部旧臣の一部(吉田東洋谷干城らの家系)を上士とし、土佐にいた郎党・地侍を郷士としたことに始まる。

土佐藩は、上士と郷士の身分差別が厳しかったとされるが、郷士であっても特別な家系や功績によっては上士扱いの白札とするという弾力的な制度も持っていた。武市半平太は祖父の代より白札郷士であった。幕末期には、家老格、中老格、馬廻格、小姓格、留守居格を以て上士を構成した。

上士階層出身の明治期の著名人[編集]

関連項目[編集]