島津忠欽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島津 忠欽(しまづ ただかた、弘化2年11月22日1845年12月20日) - 大正4年(1915年)4月17日)は、幕末薩摩藩の藩主一門で、明治から大正時代の華族男爵)。今和泉島津家第13代当主、のち玉里島津家分家を興す。

家系[編集]

実父は島津久光、実母は重富家出身の島津千百子。同母兄弟に最後の薩摩藩主の忠義宮之城家を継いだ久治、重富家を継いだ珍彦、異母弟に玉里家第2代当主の忠済がいる。

略歴[編集]

今和泉家第11代当主忠冬の娘・巖(又従姉妹にあたる)の婿養子となり、明治27年(1894年)に先代当主の忠敬(忠冬の弟)が没すると跡を嗣いで当主となる。2年後の明治29年(1896年)9月に当主を次男の隼彦に譲り、妻の巖や長男の雄五郎ら他の子たちを連れて今和泉家を離籍し、玉里島津家の籍に入る。同年12月に父・久光の勲功により男爵となり、分家した。その後、貴族院議員や照国神社宮司などを歴任する。

大正4年(1915年)4月17日に69歳で没した。雄五郎に先立たれたため、雄五郎と夫人の明子(珍彦の長女)の長男の忠夫が分家当主と男爵位を継いだ。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4031号「叙任及辞令」1896年12月4日。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
(玉里)島津家(分家)初代
1896年 - 1915年
次代:
島津忠夫