奥村栄滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥村栄滋

奥村 栄滋(おくむら てるしげ、嘉永6年9月7日1853年10月9日) - 大正12年(1923年3月17日)は、加賀八家奥村宗家第14代当主、男爵金沢市長。正四位勲六等

父は加賀藩年寄奥村栄通。妻は前田恒敬の娘。子は奥村栄同。通称義十郎。家紋は「丸ノ内九枚笹」。

生涯[編集]

嘉永6年(1853年)9月7日、加賀藩年寄奥村栄通の長男として生まれる。慶応3年(1867年)出仕。明治3年(1870年)父栄通の隠居により家督相続。明治7年(1874年)尾山神社宮司となる。明治31年(1898年)金沢市長となる。明治33年(1900年)従五位下、男爵に叙され華族となる。大正12年(1923年)3月17日没。享年71。諡は寂静院殿前本覺榮滋大居士。墓所は野田山墓地奥村宗家墓所。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
奥村家初代
1900年 - 1923年
次代:
奥村栄同