岡良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
岡 良一
おか りょういち
生年月日 1905年2月14日
出生地 石川県金沢市
没年月日 (1994-05-16) 1994年5月16日(満89歳没)
出身校 旧制金沢医科大学
前職 医師
所属政党 社会大衆党(石川県議会)
日本社会党(衆議院)
無所属(金沢市長)
称号 勲二等旭日重光章
金沢市名誉市民

Flag of Kanazawa, Ishikawa.svg 第24-25代 金沢市長
当選回数 2回
在任期間 1972年8月6日 - 1978年11月23日

選挙区 石川県第1区
当選回数 6回
在任期間 1949年1月23日 - 1952年8月28日
1953年4月19日 - 1966年12月27日

当選回数 1回
在任期間 1942年6月 - 1944年9月5日
1946年7月 - 1947年4月30日

選挙区 金沢市選挙区
当選回数 1回
在任期間 1939年9月24日 - 1944年9月5日
1946年7月13日[1] - 1947年4月29日
テンプレートを表示

岡 良一(おか りょういち、1905年2月14日 - 1994年5月16日)は、石川県金沢市出身の政治家医学博士、元金沢市長。

人物[編集]

石川県議会議員、衆議院議員(6期)を経て金沢市長(2期)を歴任した。金沢市の革新市政を貫いた人物である。

学生時代での文芸活動中に社会主義に出会い、1927年労働農民党に入党。これが岡の革新市政の原点となる。1937年社会大衆党に入党し、第2次世界大戦後は日本社会党を経る。

1975年には勲二等旭日重光章を受け、1987年には金沢市名誉市民として表彰を受けている。

経歴[編集]

岡市政の業績[編集]

  • 岡市政では様々な業績を残している。中でも、在任期間中に泉鏡花文学賞を創設したことでも知られている。また、娘婿の五木寛之は同文学賞の選考委員を第1回より務めている。
  • この他に、岡は市長在任中に以下の政策を実施した。

著書[編集]

  • 『核軍縮の夜明け 核拡散防止条約のもたらすもの』黒潮社 1968
  • 『釣りの秘境能登』北国出版社 1971
  • 『わが反骨の記 ふるさとの同志と共に歩んだ50年』岡良一友の会 1972

関連項目[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 『石川県公報』第5713号、昭和21年7月13日「石川県告示第192号」

参考文献[編集]

  • 『日本の歴代市長 第2巻』 - 歴代知事編会
  • 『書府太郎 石川県大百科事典改訂版』 - 北國新聞社

外部リンク[編集]

公職
先代:
徳田與吉郎
Flag of Kanazawa, Ishikawa.svg 金沢市長
第24-25代:1972 - 1978
次代:
江川昇