井村徳二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
井村徳二
いむら とくじ
生年月日 (1899-11-18) 1899年11月18日[1]
出生地 石川県
没年月日 (1958-10-27) 1958年10月27日(満58歳没)[1]
前職 会社社長
所属政党 民主党
改進党

選挙区 石川県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1953年5月3日 - 1958年10月27日

選挙区 石川県第1区
当選回数 1回
在任期間 1947年4月25日 - 1948年12月23日
テンプレートを表示

井村 徳二(いむら とくじ、1899年(明治32年)11月18日 - 1958年(昭和33年)10月27日)は、石川県出身の実業家政治家[1]

創業者の井村徳三郎の後、宮一大丸の社長に就任し、合併に伴い大和の初代社長に就任[2]

衆議院議員(1期)。参議院議員(1期)。

父は井村徳三郎(大和の前身である宮市百貨店創業者)[3]。息子は井村寿二[1]勁草書房創業者、元大和会長)、宮太郎[4](元大和社長)。

1953年(昭和28年)4月24日第3回参議院議員通常選挙では林屋亀次郎国務大臣として行った地元石川県の内灘試射場の用地接収を批判して組合を味方につけ、現職の国務大臣を破る大番狂わせを演じた[5]

当時林屋が旧丸越本店の場所で後に丸越となる百貨店を武蔵[6]として経営し、井村が大和を経営していたため、このときの争いは「武蔵」と「大和」の内灘沖会戦と呼ばれた[5]が、対立候補の林屋は1943年(昭和18年)12月21日に林屋が経営していた丸越との合併で大和となった際に林屋が初代会長で井村が初代社長を努めた関係でもあった[2]。また、北陸鉄道の代表取締役社長を1949年から1954年まで歴任した[7]

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『講談社 日本人名大辞典』 講談社2001年12月6日ISBN 4-06-210800-3
  2. ^ a b 『大和五十年のあゆみ』 大和、1972年9月
  3. ^ 重利俊一 『日本硬質陶器58年の歩み』 日本硬質陶器(現ニッコー )、1965年10月20日
  4. ^ http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2013070802100020.html
  5. ^ a b c 法政大学大原社会問題研究所 『日本労働年鑑 第27集 1955年版』 時事通信社1954年11月5日
  6. ^ 株式会社金沢名鉄丸越百貨店 第96期有価証券報告書 (Report). 金沢名鉄丸越百貨店. (2012-5-24). 
  7. ^ 『北陸鉄道の歩み』 - 北陸鉄道(1974年3月)

関連項目[編集]