粟森喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
粟森 喬
あわもり たかし
生年月日 (1939-01-01) 1939年1月1日(79歳)
出生地 石川県
前職 労働組合役員
現職 会社役員
所属政党 民主改革連合
日本社会党
立憲民主党
親族 子: 粟森慨(元金沢市議会議員)

選挙区 石川県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1989年7月23日 - 1995年7月22日
テンプレートを表示

粟森 喬(あわもり たかし、1939年1月1日 - )は、日本政治家実業家。北陸極東警備保障代表取締役。

参議院議員(1期)を務めた。

概要[編集]

1957年金沢大学附属高等学校卒業。1983年全国電気通信労働組合(全電通)石川県委員長を経て衆議院議員総選挙に日本社会党公認で旧石川県第2区(現在の石川3区)から出馬するが落選する。1989年第15回参院選に連合の会(後の民改連)から出馬。定数1の石川選挙区で現職で自由民主党公認の嶋崎均を抑えて初当選する。

1993年奥田敬和の自民党離党、新生党結成により協力関係を構築し、翌年の県知事選で推薦した谷本正憲が当選したことで県政の主流派に属する。しかし1995年第17回参院選で再選を目指すものの馳浩に破れて落選した。2017年民進党の事実上の解党に伴い発足した立憲民主党の石川県連の代表に就任した。2018年1月、政治団体「立憲民主石川」(サポート立憲)を届け出[1]、代表となった。

著書[編集]

  • 『国会そのまま - 一寸先は闇からの鳴動』(北国新聞社、1994年12月、ISBN 4833008742

脚注[編集]

  1. ^ 立憲民主石川が政治団体として県選管に届け出/石川毎日新聞 2018年1月6日 石川版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]