谷本正憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷本正憲
たにもと まさのり
生年月日 (1945-04-16) 1945年4月16日(74歳)
出生地 日本の旗 兵庫県西脇市
出身校 京都大学法学部
前職 国家公務員自治省
石川県副知事
所属政党 無所属
称号 法学士
配偶者 あり
公式サイト 谷本正憲後援会ウェブサイト

石川県の旗 公選第13-19代 石川県知事
当選回数 7回
在任期間 1994年3月29日 - 現職
テンプレートを表示

谷本 正憲(たにもと まさのり、1945年(昭和20年)4月16日 - )は、日本自治官僚政治家石川県知事(7期 第55-61代)、公選では4人目、全国知事会副会長(東海北陸ブロック)を務める。 血液型はO型[1]

来歴[編集]

兵庫県西脇市生まれ。兵庫県立西脇高等学校京都大学法学部卒業。1968年4月、自治省(現総務省)に入省。同期に早川忠孝(元衆議院議員)、西川一誠福井県知事)、井戸敏三兵庫県知事)らがいる。宮崎市助役、茨城県 総務部長、旧自治省交付税課長を経て1991年石川県に出向し、中西陽一石川県知事の下で副知事に就任。

1994年、中西知事が任期中に死去したため新生公明民社日本新社会の非自民5党推薦で石川県知事選挙に出馬。当時、自由民主党幹事長を務めていた森喜朗が推す元農水事務次官石川弘を破り、初当選を果たした。なお新生党には、石川県における森のライバルである奥田敬和が所属しており、中選挙区制下の旧石川1区で繰り広げられていた森奥戦争の構図が県知事選でも見られた。以後、7期連続で石川県知事に当選する。

1998年の知事選では自由民主党が独自候補の擁立を断念し、自民・民主民政自由・公明・社民新進石川7党推薦で再選。3期目以降も日本共産党を除く主要政党の推薦や支持を得て、再選を続けている。2006年2010年の石川県知事選挙では、民主党が党規により、党本部による4期目以降の候補者への推薦を自粛していたため、民主党石川県連が独自に谷本への支持を表明した。

前述の通り、当初は非自民の枠組みで石川県知事に当選したが、その後は自民党への傾斜を強めており、2012年第46回衆議院議員総選挙以降は石川1区馳浩を、石川2区では佐々木紀を、また2013年第23回参議院議員通常選挙では石川県選挙区山田修路への支持をそれぞれ表明した。

2014年の石川県知事選挙にて6期目の当選を果たした[2]

2018年の石川県知事選挙では、47都道府県の現職では最多の7選を果たした[3][4]2019年現在、日本の都道府県知事で20世紀に就任した最後の知事である。

多選について[編集]

  • 11日投開票の石川県知事選で谷本が現職知事では最多の7選を果たした。[5]
  • 谷本は多選に関しては「1期4年ごとに示した公約を実現させることが課題解決につながるという思いで、県政のかじ取りを担ってきた結果だ」と強調[6]

その他[編集]

2017年6月21日に開かれた県内町長の会合で「県内の原子力発電所を攻撃するのなら北朝鮮国民を餓死させないといけない」と発言した[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
中西陽一
石川県の旗 石川県知事
第55-61代:1994年 -
次代:
(現職)