福山哲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福山 哲郎
ふくやま てつろう
Tetsuro Fukuyama - CAO Deputy Chief Cabinet Secretary Visit - 33898823971 (cropped).jpg
2010年12月13日、内閣官房副長官時に沖縄にて
生年月日 (1962-01-19) 1962年1月19日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
出身校 同志社大学法学部卒業
京都大学大学院法学研究科修士課程修了
前職 大和證券従業員
所属政党旧民主党→)
民主党→)
民進党前原G)→)
旧立憲民主党→)
立憲民主党
称号 修士(法学)(京都大学・1995年
配偶者
公式サイト 福山哲郎 公式サイト

日本の旗 内閣官房副長官(政務担当)
内閣 菅直人内閣
菅直人第1次改造内閣
菅直人第2次改造内閣
在任期間 2010年6月8日 - 2011年9月2日

選挙区 京都府選挙区
当選回数 5回
在任期間 1998年7月26日 - 現職

その他の職歴
新・立憲民主党 ロゴ.svg 初代 立憲民主党幹事長
2020年9月15日 - 2021年12月2日
テンプレートを表示

福山 哲郎(ふくやま てつろう、1962年昭和37年〉1月19日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の参議院議員(5期)、立憲民主党京都府連合代表[2]学校法人瓜生山学園京都芸術大学(旧京都造形芸術大学教授政治学)、学校法人瓜生山学園理事、学校法人龍谷大学理事。

参議院環境委員長外務副大臣鳩山由紀夫内閣)、内閣官房副長官菅直人内閣菅直人第1次改造内閣菅直人第2次改造内閣)、参議院外交防衛委員長民主党政策調査会長(第14代)、民主党幹事長代理、民進党幹事長代理、旧立憲民主党幹事長(初代)、立憲民主党幹事長(初代)、参議院東日本大震災復興特別委員長などを歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都出身[3]。トキワ松学園小学校、京都府立嵯峨野高等学校同志社大学法学部卒業。1986年大和証券に入社し、1990年退社。同年、松下政経塾に入塾(第11期生)。政経塾在籍中の1991年スリランカを訪れ、アリヤラトネの主催する社会運動・サルボダヤ運動に参加していた。

1992年、松下政経塾の「地域から日本を変える運動」で、最初に設立された同塾の地域政経塾である京都政経塾の塾頭に就任。その後、東京政経塾塾頭、松下政経塾政策調査室長等を務める[4]1995年京都大学大学院法学研究科修士課程修了[4][5]

政治家として[編集]

2010年3月ハインリヒ・ベル財団ベルリン日独センター日本国際問題研究所の合同会議にて日本駐箚ドイツ特命全権大使フォルカー・シュタンツェル(左)、ハインリヒ・ベル財団ラルフ・フュックス(中央)と

1996年第41回衆議院議員総選挙において、当初新党さきがけから立候補を検討していたが、総選挙直前にさきがけ、社会民主党を離党した議員らで結成された旧民主党公認で京都1区から出馬し落選。

1998年第18回参議院議員通常選挙京都府選挙区から無所属で出馬し、初当選。この選挙では、京都府選挙区で福山、西山登紀子日本共産党)が当選し、非自民系候補で2議席を独占した。当選後、民主党に入党し、5回連続当選。2005年、参議院環境委員長に就任。

官房副長官就任に際して公表された肖像

2009年9月、鳩山由紀夫内閣外務副大臣に任命される。翌2010年6月、菅直人内閣内閣官房副長官に就任し、2011年9月の菅直人内閣総辞職まで務める。在任中は東日本大震災発生時の陣頭指揮を執り、菅直人首相が出席する国際会議にもしばしば随行した。官房副長官退任後、参議院外交防衛委員長に就任。

2012年4月、民主党社会的包摂PT会長に就任。同年6月、一般社団法人 京都府身体障害者団体連合会会長に就任[6]

2012年12月、民主党「次の内閣」でネクスト経済再生科学技術宇宙政策情報通信技術 (IT)海洋政策担当に就任。

2013年5月、学校法人龍谷大学理事、学校法人瓜生山学園理事に就任。

2017年7月27日、民進党代表の蓮舫が、同月の東京都議会議員選挙の結果を受けて辞任を表明[7]。蓮舫の辞任に伴う代表選挙(9月1日実施)では、自身が所属する凌雲会(前原グループ)会長の前原誠司ではなく、枝野幸男を支持した。

立憲民主党[編集]

2017年9月28日、民進党は第48回衆議院議員総選挙へ向けて、希望の党への合流を決定[8]。9月29日、希望の党代表の小池百合子は「リベラル派排除」を宣言。記者団に「全員を受け入れるということはさらさらありません」と語る姿、記者会見でにこやかに「排除されない、ということはございませんで、排除いたします」と答える姿が何度もテレビに流れた[9][10]

同年9月30日未明、共同通信が「枝野幸男が無所属で出馬する方向で検討に入った。考え方の近い前議員らとの新党結成も視野に入れている」と報道[11]。同日中に民進党の前職、元職計15人の「排除リスト」が出回る[12][13]。同日夜、枝野、長妻昭辻元清美近藤昭一、福山らは都内のホテルの一室に新党設立を前提として集まり、協議した。10月1日の夜、再び枝野、長妻、近藤、福山の4名が集まる。翌2日に枝野が1人で結党の記者会見を行うことが決まり、党名は「民主党」「新民主党」「立憲民主党」の3案から枝野が選ぶこととなった。福山はすぐに知人のデザイナーに3案のロゴ作成を依頼した[9]

同年10月3日午前、立憲民主党が設立される[14]。10月5日、民進党を離党して立憲民主党に入党すると表明した[15]。その際、同党代表の枝野から直々に指名を受け、初代の党幹事長に就任することが決まった。10月30日に民進党会派を退会し[16]、翌2018年1月17日に参議院の立憲民主党会派を結成し参議院議員団会長に就任した[17]

2019年8月5日、党参議院議員団会長を辞任する意向を表明した[18]

2020年9月15日、旧立憲民主党と旧国民民主党は、2つの無所属グループを加えた形で新「立憲民主党」を結成[19]。同党の初代幹事長に就任[20]

2021年11月1日第49回衆議院議員総選挙での敗北を受けて党幹事長を辞任する意向を表明した[21]

2022年7月10日第26回参議院議員通常選挙で5選。20数年以上現職であるベテランながら、国民民主党前原誠司から全面支援を受けた日本維新の会の新人楠井祐子に約17,000票差まで猛追されるも競り勝った。

役職[編集]

以下は公式プロフィールによる[5]

年譜[編集]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2016年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[22]。2022年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[23]
  • 9条改憲について、2016年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[24]。2022年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[23]
  • もともと福山は「創憲」の立場であった。2004年のアンケートでは「国民的議論を高めていくことが第一。小泉内閣が進める、解釈を上塗りしての『憲法の空洞化』は決して許されるものではない。『国民主権』『平和主義』『基本的人権の尊重』の憲法3原則を人類共有の価値として継承しつつ、環境権や人権の問題、情報化社会の中での知る権利とプライバシー保護、地方分権の強化など、時代の要請に応じて新たな課題についての憲法論議を重ねていく中で、『創憲』を視野に入れていきたい。」と回答[25]。2010年のアンケートでは「拙速過ぎず、慎重に改正論議を尽くすべきだ。現行憲法のうたう『主権在民』『基本的人権の尊重』『平和主義」等の理念を生かしつつ、未来志向で建設的な議論を行う。『押しつけ憲法』だから改正すべきだとの意見にはくみしない。憲法は、時代に振り回されない恒久的な価値を示すことが重要な役割であると考えている」と回答[26]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[27]

外交・安全保障[編集]

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には先制攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2016年のアンケートで「反対」と回答[22]
  • 「北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2016年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[22]
  • 安全保障関連法の成立について、2016年の毎日新聞社のアンケートで「廃止すべき」と回答[24]
  • 普天間基地の移設問題について、2016年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[24]。普天間基地の辺野古移設について、2022年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[23]
  • ロシアは2022年2月24日、ウクライナへの全面的な軍事侵攻を開始した[28]。日本政府が行ったロシアに対する制裁措置についてどう考えるかとの問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「さらに強めるべきだ」と回答[27]。同年の毎日新聞社のアンケートで「制裁をより強めるべきだ」と回答[23]
  • 2022年6月7日、政府は経済財政運営の指針「骨太方針」を閣議決定した。NATO加盟国が国防費の目標としている「GDP比2%以上」が例示され、防衛力を5年以内に抜本的に強化する方針が明記された[29]。「防衛費を今後どうしていくべきだと考えるか」との問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「ある程度増やすべき」と回答[27]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2016年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[22]。2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2016年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[22]。2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]
  • クオータ制の導入について、2016年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[22]。2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]

環境・エネルギー[編集]

  • 民主党「地球温暖化対策本部」事務総長として「地球温暖化対策基本法案」を国会に提出するなど、環境政策に深く関わる。鳩山由紀夫内閣の成立後は、外務副大臣として鳩山イニシアチブを推進した[要出典]
  • 2009年11月24日、温室効果ガスの25%削減による家計への影響を検討してきた政府のタスクフォース(有識者会議)は、最小3万円、最大76万5千円の負担がかかるとの試算を報告した。これについて福山は、国民にネガティブなイメージを与えるとして非公開とするよう求めた。また、タスクフォース内での意見対立も深刻であったため新しいメンバーによる再試算を迫る小沢鋭仁環境大臣に対し「リシャッフル(再編)した方がいいと思う」と答えた[30]
  • 原子力発電所は日本に必要だと思うか」との問いに対し、2016年の毎日新聞社のアンケートで「必要ない」と回答[24]

加計学園問題[編集]

加計学園獣医学部新設問題では、佐川宣寿国税庁長官を証人喚問で質問し[31]2018年3月27日の会見で「まったく不誠実な答弁で疑惑はますます深まったと言わざるを得ない」と批判した[32]

桜を見る会への批判[編集]

産経新聞によると首相主催の桜を見る会の招待者名簿が破棄されていた事について、「安倍政権になってどういう方に招待が行き、総理大臣の『枠』は800人あるのか、という話だ」と批判した[33]。一方で民主党政権下の2010年4月に行われた同会の名簿の管理状況については、「承知していない」「われわれは立憲民主党だ。普通は把握しない」と述べ、立憲民主党は旧民主党と「別物」だとして把握する必要はないとの認識を示した[34]

その他[編集]

  • 「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」との問題提起に対し、2016年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[22]
  • 国会議員の被選挙権年齢の引き下げについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[23]

議員連盟歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 枝野幸男の最側近であり、枝野の政治的立場を一貫して支持している[42]。菅内閣では枝野のもとで官房副長官、下野後の民主党においては枝野のもとで幹事長代理を務め、枝野が立憲民主党を結党した際には「枝野さんの想いに強く共鳴し、馳せ参じました[43]」として参議院議員として初めて立憲民主党に合流した。
  • 第48回衆議院議員総選挙にあたり民進党分裂の中心的舞台となった衆議院議員ではなく)参議院議員であるが、立憲民主党の設立には、枝野幸男による結党宣言以前から深くかかわった[44]。福山は枝野に「無所属でやられても枝野さんは勝てると思います。でも、『枝野、立て』の声がネットにあふれ、希望から排除された人が『政党をつくってくれ』と願う状況で、たとえ無所属で当選を果たしても、枝野さんという政治家としては厳しくなるかもしれません[45]」と告げ、結党の決意を促した[44]
  • 菅直人(元内閣総理大臣、立憲民主党最高顧問)について、「枝野さんと私は菅さんに育ててもらった政治家です」と語る[46]
  • 学生時代の福山は「貧乏」であり、高校時代から自身の学費をアルバイトで稼いでいた。ゴルフ場のキャディー、スーパーマーケットのパック寿司製造、イベント会場設営、家庭教師、塾講師、予備校事務など、大学時代を含め、様々なアルバイトを経験している。[47]
  • 地球環境問題、気候変動問題への対策をライフワークとしている。「政治家には最低限、社会のため人のためになにが出来るかを考え、そのために突き進む素質が求められる」とし、「自分が何のために政治家をやって、何を実現するか」という問題は、福山自身にとっては環境問題であると語っている。鳩山イニシアチブとして有名となった、CO2の25%削減目標を含む鳩山由紀夫首相(当時)の国連演説の原稿は、福山が書いたものである。[48]
  • 2010年6月民主党代表選挙における菅直人の推薦人の一人。

交遊関係[編集]

  • 朝田善之助の息子の朝田善三と親しく、ホテルオークラ京都で行われた「朝田善之助記念館完成記念の集い」では来賓として挨拶を行い、「朝田善三さんには大変かわいがっていただきました。『福ちゃん、頑張れ、頑張れ』とご支援いただいておりました」と発言していた[49]

年金未納[編集]

  • 2004年の民主党のメールマガジンによると、年金未納問題の際に国民年金が3年9ヶ月間未納だったという[51]

裁判[編集]

  • 2010年3月12日、文藝春秋2月号の「CO2 25%削減 『友愛』外交の敗北」と題された記事と、その後福山がライターの横田由美子に圧力をかけたとするブログ「ペコちゃんジャーナル」[52]により名誉を傷つけられたとして、1650万円の損害賠償と謝罪広告を求めて、文藝春秋と横田を東京地裁に提訴した。横田と文藝春秋は法廷で「民主主義への挑戦」、「言論封殺」であると反論している。福山は、この記事について「環境部門で強硬な意見を持つものの影響を受けて、国民に対する配慮をせず、政府を取り仕切っているという印象を与えるが、虚偽だ」と主張をしている[53]。2011年10月12日、福山が圧力をかけた事実はなくブログの記載が名誉毀損に当たるとして、横田に33万円の賠償とブログの該当部分の削除を命じる一審判決が下った[52][54]。一方、「月刊文藝春秋」「WiLL」「週刊朝日」などの記事については朝日新聞が違法性がないと明記し、毎日新聞は記事の大部分について「政治家が批判を受けるのは当然」とされたと報じている[54]。2012年7月3日、東京高裁にて、福山が謝罪広告を含めたすべての損害賠償要求を放棄する代わりに、ブログの該当部分を削除する形で和解した。

政治資金[編集]

  • 2009年漢検協会事件理事長の親族やファミリー企業から670万円を受け取っていたことが赤旗の取材により発覚[55]、これは献金を受け取っていた京都府選出の国会議員5人の中で最も額が多かった[56]。赤旗は福山事務所に対して「献金の原資は、受検料ともいえますが、返還などの考えは」と問い合わせを行ったが、回答はなかった[55]。その後、福山を含む民主党議員3名[57]は返還を表明したが、受領した献金の総額や返還額について一切明らかにしなかった[58]
  • 2010年に開催した講演会で、約196万円の収支の差額があった。これについて事務局は「飲食を一切提供していない時局講演会で、寄付行為はない。公選法上も全く問題ない」としている[59]
  • 福山の資金管理団体が2014年2月6日に六本木のガールズバーでの飲食代金21,000円を「会合費」の名目で政治活動費に含めていることが報じられた[60]。福山の事務所は「マスコミ関係者数名との懇談で使用した。待ち合わせ場所として先方より指定があり、そこに出向き、当方で支払った」、「内容は当時の政治状況についての意見交換であり、会合費としての支出は適切であると考える」と説明した[60]。これに対し、憲法学者の上脇博之は「実質は政治活動でないのは明らか。不適切であることは間違いない」としている[60]
  • 福山が代表を務める政党支部などが2010年、2011年に、手ぬぐい代として7件計26万3665円を京都市内の業者に支出していた。福山事務所は「海外要人からの土産の返礼や海外訪問時の土産として使用した。」と説明した[61]
  • 政治資金規正法上、政党や政党支部でない政治団体は企業・団体から会費を受け取る事ができないにも関わらず、2010年から2016年に渡って複数の企業や団体から「後援会年会費」や「後援会費」として延べ63件、計63万円の入金を受けていたことが2019年7月に判明した。福山の事務所は一部は後援会費であると認めた[62]

言動 [編集]

ヘリ強奪は大した犯罪ではない[編集]

2017年1月30日の参議院予算委員会で質疑に立ち、共謀罪の構成要件を改めテロ等準備罪を新設する組織犯罪処罰法改正案を巡って、「(前略)……私が冒頭説明したテロ条約に関連する航空機の強取というものに対して、これは予備罪があるといって、もう私は正直言って共謀は要らないと思っていますが、その判例しかありません。これ、実は、当時政治犯だった三十一歳の若者がヘリを、まあ乗って、ヘリを奪って、ある労働組合の大きい集会の上からチラシをまこうという犯罪です。ある意味でいうと、大した犯罪じゃありません。この判例には……(後略)」と発言した[63]

加戸守行の発言に対する反応 [編集]

2018年5月23日、加戸守行愛媛県知事が自民党のインターネット番組『カフェスタ』に出演し、民主党政権時代に福山や玉木雄一郎(国民民主党代表)などが、獣医学部新設に反対している日本獣医師会から100万円の政治献金を受けた後、獣医学部新設の動きにブレーキがかかったと述べた[64]。福山は5月24日の記者会見で、民主党時代の2010年に献金を受けたことは認めつつも、以降は一切受け取っていないとし、日本獣医師会の政治団体である日本獣医師連盟から陳情を受けたことも無いとして[65]、加戸への法的措置を検討していると述べた[66]。また、加戸を出演させた自民党に対しても抗議の意思を示した[67]

日本大学法学部教授の岩井奉信は「売り言葉に買い言葉の状態だが、そもそも政治家が法的措置をとるという言葉を軽々に言うものではない」と批判した[68]産経新聞政治部記者の今仲信博は、「森友学園や加計学園の問題で何度も自身の関与を否定している安倍首相に「説明責任」を求めるならば、政治献金をもらった事実がある玉木、福山両氏は法廷の場に持ち込む前に、発言ができる場を持つ政治家として何度でも自らの潔白を示すのが筋ではないだろうか」と述べた[68]

尾身茂に対する言動[編集]

  • 2020年5月11日の参議院予算委員会の集中審議で質疑に立ち、新型コロナウイルスの感染者数について、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議尾身茂副座長に質問した。福山は、尾身が説明している途中で「私が言っていることについて答えてください」「短くしてください」などと立て続けにヤジを飛ばし、尾身が説明を終えた後に「全く答えていただけませんでした。残念です」と述べた。この言動に対し、医療従事者などから専門家への敬意がないなどの批判の声が上がり、Twitterでは「#福山哲郎議員に抗議します」というハッシュタグが一時トレンド1位を記録した[69][70]。福山は、翌12日の記者会見で京都新聞の記者からの、政治家ではない尾身への態度をどう思うかとの質問に、「予算委は時間の制約がある。私の質問にストレートに答えていただけなかったので」などと説明した。詰問口調の印象があった点に問題なかったかとの質問には「そうとらえる方がいたら申し訳なく思うが、私の中では限られた時間の中で尾身先生に対する敬意も持ちながら質疑させていただいた」と述べた[71][72]。13日には、自らのインターネット番組で「不快な思いをさせた方々がいらっしゃるということで、今後は丁寧な質疑をしたいと思うし、私の本意ではなかったのでお詫びを申し上げたい」と謝罪した[73][74][75]

特定のメディアに対する政党の資金提供問題[編集]

家族・親族[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 参議院(公式)議員情報「福山哲郎」
  2. ^ 立憲民主党 都道府県連一覧 - 立憲民主党
  3. ^ a b 内閣官房副長官 福山 哲郎
  4. ^ a b 福山 哲郎[リンク切れ]
  5. ^ a b 公式プロフィール
  6. ^ 京都府身体障害者団体連合会 概要
  7. ^ “民進 蓮舫代表 記者会見で辞任を表明”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年7月27日). オリジナルの2017年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/hJ7sa 2017年7月28日閲覧。 
  8. ^ “ドキュメント衆院解散”. 朝日新聞. (2017年9月28日). https://www.asahi.com/special/timeline/syuinkaisan17/ 2022年2月10日閲覧。 
  9. ^ a b 影山哲也 (2017年12月3日). “野党第1党、枝野氏の戦い(その2止)「旗への結集」可視化”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171203/ddm/010/010/165000c 2022年2月4日閲覧。 
  10. ^ “小池氏「希望リストから絞り込み早急に調整で合意」”. テレビ朝日. (2017年9月29日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000111108.html 2022年2月8日閲覧。 
  11. ^ “小池氏、憲法・安保で選別 枝野氏は無所属、新党視野”. 共同通信 (神奈川新聞). (2017年9月30日). オリジナルの2017年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171003080206/https://www.kanaloco.jp/article/281133 2022年2月21日閲覧。 
  12. ^ “「希望の党」公認拒否 民進“排除名簿”に載る15人の名前 (2ページ目)”. 日刊ゲンダイ. (2017年9月30日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214651/2 2022年2月4日閲覧。 
  13. ^ “衆院選2017:民進分裂、新党模索も 希望が「排除リスト」”. 毎日新聞. (2017年10月1日). https://mainichi.jp/articles/20171001/ddm/003/010/056000c 2022年2月23日閲覧。 
  14. ^ “衆院選、3極走る 公示まで1週間”. 日本経済新聞. (2017年10月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21818450T01C17A0MM0000/ 2022年2月5日閲覧。 
  15. ^ 民進の福山氏、離党し立憲民主へ 京都、元官房副長官京都新聞 2017.10.5
  16. ^ “山尾氏、立憲会派に=入党はせず”. 時事通信. (2017年10月30日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017103001055&g=pol 2017年10月31日閲覧。 
  17. ^ “立憲民主6人が参院会派結成”. 日本経済新聞. (2018年1月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25804440X10C18A1PP8000/ 2019年2月24日閲覧。 
  18. ^ 参院代表辞任「引責でない」=立憲・福山氏時事ドットコム2019年8月6日付
  19. ^ 横山大輔、木谷孝洋 (2020年9月16日). “新「立憲民主」衆参150人で結党 野党第一党、枝野氏「選択肢示す」”. 東京新聞. 2021年3月16日閲覧。
  20. ^ 合流新党 立憲民主党 結党大会 150人の野党第1党が正式に発足NHK2020年9月15日付
  21. ^ “立憲・福山幹事長ら引責辞任検討 枝野代表の進退にも発展か”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20211101/k00/00m/010/189000c 2021年11月4日閲覧。 
  22. ^ a b c d e f g h i 福山哲郎”. 2016参院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2022年5月18日閲覧。
  23. ^ a b c d e 福山哲郎 立憲 京都”. 第26回参院選. 毎日新聞社. 2022年6月28日閲覧。
  24. ^ a b c d e “2016参院選 民進 京都 福山哲郎”. 毎日新聞. オリジナルの2016年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160628073515/http://mainichi.jp/senkyo/24san/meikan/?mid=B26000001001 2022年5月18日閲覧。 
  25. ^ 朝日新聞 (2004年6月30日). “参院選候補者アンケート:下 /京都”. 朝日新聞朝刊 京都2: 29. 
  26. ^ 朝日新聞 (2010年7月7日). “候補者アンケート:中 2010参院選 /京都府”. 朝日新聞朝刊 京都府・2地方: 26. 
  27. ^ a b c d e f g 選挙区 京都”. 候補者アンケート - 参院選2022. NHK. 2022年6月27日閲覧。
  28. ^ ロシアが全面侵攻開始、ウクライナは自国を防衛=クレバ外相”. ロイター (2022年2月24日). 2022年2月28日閲覧。
  29. ^ 川田篤志、柚木まり (2022年6月8日). “防衛費や子ども関連費倍増も 財源検討は参院選後に先送り 政府が「骨太方針」閣議決定”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/182147 2022年6月27日閲覧。 
  30. ^ 「政治迎合は学者生命にかかわる」 温暖化試算、お蔵入りの背景は… (1/3ページ) - MSN産経ニュース[リンク切れ]
  31. ^ “詳報(10)福山哲郎氏、「答弁控えたい」連発の佐川氏に「疑惑の火に油を注いだ」”. 産経新聞. (2018年3月27日). https://www.sankei.com/politics/news/180327/plt1803270065-n1.html 
  32. ^ “立憲民主・福山哲郎幹事長「不誠実な答弁で疑惑深まった」”. 産経新聞. (2018年3月27日). https://www.sankei.com/politics/news/180327/plt1803270045-n1.html 
  33. ^ “野党、「桜を見る会」招待者名簿の廃棄に反発 内閣府は釈明「保存は1年未満」”. 毎日新聞. (2019年11月12日). https://mainichi.jp/articles/20191112/k00/00m/010/301000c 2019年11月14日閲覧。 
  34. ^ “立民、「桜を見る会」で共産と“統一戦線” 旧民主で同様事例も”. 産経新聞. (2019年11月12日). https://www.sankei.com/politics/news/191112/plt1911120047-n2.html 2019年11月14日閲覧。 
  35. ^ 第145回国会 1999年8月9日 投票結果 2015年1月11日閲覧。
  36. ^ 参議院議員選挙20040711当選者回答”. 「子どもに無煙環境を」推進協議会 (2004年7月12日). 2020年11月8日閲覧。
  37. ^ 民主党:参議院へ「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」を再提出
  38. ^ DV防止法第3次改正案が26日成立へ 3党担当者が共同記者会見 民主党 2013年6月25日
  39. ^ 漢検、各種検定の「格付け」財団を設立 業界主導狙う?[リンク切れ]
  40. ^ 福山哲郎公式サイト、「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」、2015年2月12日/
  41. ^ 福山哲郎公式サイト、「アルコール問題議員連盟」、2015年10月27日
  42. ^ 2つの新党、なぜ誕生したのか | NHK政治マガジン
  43. ^ ポリタス、【衆院選2017】立憲民主党 政見放送 書き起こし
  44. ^ a b 朝日新聞、WEB RONZA「福山幹事長が語る、立憲民主党が目指す政治」2017年12月25日
  45. ^ 朝日新聞、WEB RONZA「福山幹事長が語る、立憲民主党が目指す政治」2017年12月25日、「早朝の電話で「やりましょう」」の節
  46. ^ naotokanの2017年10月20日23:08のツイート- Twitter(菅直人)
  47. ^ alley、「【あの議員に突撃!】民進党福山哲郎議員に聞いた、あれやこれ」:前編、2016年5月31日
  48. ^ [1][リンク切れ]
  49. ^ 朝田善之助記念館完成記念の集いを行いました
  50. ^ 【全力応援!!福山哲郎】本間正人さん(京都芸術大学教授)
  51. ^ 党所属国会議員の国民年金保険料の納付状況について 民主党メールマガジン 2004年5月13日 2014年4月26日閲覧
  52. ^ a b YOMIURIONLINE[リンク切れ]2011年10月13日
  53. ^ 福山外務副大臣が文芸春秋とライターを提訴 名誉棄損でasahi.com 2010年3月15日
  54. ^ a b 毎日jp[リンク切れ]2011年10月13日
  55. ^ a b 漢検ファミリーから献金 福山氏670万円ボロもうけ 受検料原資
  56. ^ [2] 自民党は伊吹文明谷垣禎一、民主党は前原誠司福山哲郎松井孝治
  57. ^ 他の2名は前原誠司松井孝治
  58. ^ 漢検ファミリー企業から献金 民主・前原副代表ら返還へ
  59. ^ “福山民主政調会長、講演会の収支に差額”. 産経新聞. (2014年10月30日). オリジナルの2014年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2014-1030-1526-40/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000097-san-soci 2014年11月22日閲覧。 
  60. ^ a b c “【収支報告書公表】民主党・福山幹事長代理の団体が六本木のガールズバーに「会合費」支出”. 産経新聞. (2015年11月28日). http://www.sankei.com/affairs/news/151128/afr1511280005-n1.html 2016年7月11日閲覧。 
  61. ^ “立憲民主、福山哲郎幹事長は手ぬぐい代26万円を支出 線香問題飛び火の野党、公選法改正を主張”. 産経新聞. (2018年2月6日). https://www.sankei.com/politics/news/180206/plt1802060008-n1.html 2018年4月24日閲覧。 
  62. ^ 立民・福山幹事長側に違法献金か 企業・団体から後援会費産経新聞 2019年7月1日
  63. ^ “参議院 予算委員会”. 1. 第193回国会. (2017年1月30日). https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=119315261X00120170130&spkNum=293 
  64. ^ “福山哲郎氏と玉木雄一郎氏は「100万円の政治献金で義理堅く働く先生」だった!? 加戸前愛媛県知事がチクリ”. 産経新聞. (2018年5月23日). https://www.sankei.com/politics/news/180523/plt1805230044-n1.html 
  65. ^ “「非常に不可思議なことを言われるなあ」 立憲民主・福山哲郎幹事長、加戸守行前愛媛県知事の「ブレーキかかった」発言に反論 記者会見詳報 (2/3)”. 産経新聞. (2018年5月24日). https://www.sankei.com/politics/news/180524/plt1805240027-n2.html 
  66. ^ “「非常に不可思議なことを言われるなあ」 立憲民主・福山哲郎幹事長、加戸守行前愛媛県知事の「ブレーキかかった」発言に反論 記者会見詳報 (1/3)”. 産経新聞. (2018年5月24日). https://www.sankei.com/politics/news/180524/plt1805240027-n1.html 
  67. ^ 【加計学園問題】「非常に不可思議なことを言われるなあ」 立憲民主・福山哲郎幹事長、加戸守行前愛媛県知事の「ブレーキかかった」発言に反論 記者会見詳報 (3/3)”. 産経ニュース. 産経デジタル (2018年5月24日). 2020年5月15日閲覧。
  68. ^ a b “「法的措置」の前に“潔白”の説明は? 加戸前愛媛県知事の玉木、福山両氏「献金でブレーキ」発言で場外戦 (4/4)”. 産経新聞. (2018年6月6日). https://www.sankei.com/politics/news/180606/plt1806060001-n4.html 
  69. ^ 尾身副座長への国会質問に疑問続出 「#福山哲郎議員に抗議します」もトレンド1位に” (日本語). J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2020年5月12日). 2020年5月14日閲覧。
  70. ^ 立民・福山哲郎幹事長に抗議殺到! 尾身氏への態度に医療従事者カンカン 「#福山哲郎議員に抗議します」ツイッタートレンド1位に” (日本語). zakzak. 産経デジタル. 2020年5月14日閲覧。
  71. ^ 立憲民主党の福山幹事長、詰問口調を釈明「申し訳ない」 新型コロナの参院予算委” (日本語). 京都新聞. 2020年5月14日閲覧。
  72. ^ 加藤浩次が“炎上”福山幹事長をバッサリ「ミスリードですよ」” (日本語). 東スポWeb. 東京スポーツ. 2020年5月14日閲覧。
  73. ^ 日本放送協会. “立民 福山幹事長が謝罪 尾身氏への質問で 「本意でなかった」 | 注目の発言集” (日本語). NHK政治マガジン. 2020年5月14日閲覧。
  74. ^ 立民・福山哲郎氏、尾身茂氏への質問口調を謝罪「私の本意ではなかった」” (日本語). スポーツ報知 (2020年5月13日). 2020年5月14日閲覧。
  75. ^ 立憲・福山氏、専門家への「非礼」質疑謝罪 新型コロナ” (日本語). 時事ドットコム. 時事通信社. 2020年5月14日閲覧。
  76. ^ “ネットメディアに立憲民主党から1000万円か 津田大介さんら出演者「報道倫理に反する」と抗議”. 東京新聞. (2022年1月5日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/152497 
  77. ^ ネット番組のCLP、立民から制作費受け取り認める” (日本語). 日経新聞 (2022年1月6日). 2022年1月28日閲覧。
  78. ^ “立民、1500万円の支出認める ネットメディアに”. 共同通信. (2022年1月12日). https://nordot.app/853948013713997824 
  79. ^ “「隠蔽の意図はなかった」立憲のネットメディアへの支援で“調査結果” 福山氏の「幹事長判断」も処分はせず”. BuzzFeed. (2022年1月12日). https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/clp-4?bfsource=relatedmanual 2022年1月28日閲覧。 
  80. ^ “報道番組への資金提供問題「福山前幹事長が当事者、説明を」と立民・泉代表”. 産経新聞. (2022年1月21日). https://www.sankei.com/article/20220121-SSPCU2O2BVOOXFHSHXHPUOGKPQ/ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
松井孝治
日本の旗 内閣官房副長官(政務担当・参議院)
2010年 - 2011年
次代
長浜博行
先代
伊藤信太郎
橋本聖子
日本の旗 外務副大臣
武正公一と共同

2009年 - 2010年
次代
武正公一
藤村修
議会
先代
桜井充
日本の旗 参議院東日本大震災復興特別委員長
2017年
次代
那谷屋正義
先代
佐藤公治
日本の旗 参議院外交防衛委員長
2011年 - 2013年
次代
加藤敏幸
先代
郡司彰
日本の旗 参議院環境委員長
2005年 - 2006年
次代
大石正光
党職
先代
結成
立憲民主党幹事長
初代:2020年 - 2021年
次代
西村智奈美
先代
結成
旧立憲民主党幹事長
初代:2017年 - 2020年
次代
新立憲民主党
先代
結成
旧立憲民主党参議院議員会長
初代:2018年 - 2019年
次代
長浜博行
先代
桜井充
民主党政策調査会長
第14代:2014年 - 2015年
次代
細野豪志