前田正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前田 正男(まえだ まさお、1913年7月10日 - 2008年2月12日)は、日本政治家日本自由党民主自由党自由党自由民主党衆議院議員従三位勲一等奈良県十津川村出身。山梨高等工業学校機械科(現山梨大学工学部)卒業。甥は民主党参議院議員前田武志

来歴・人物[編集]

1947年第23回衆議院議員総選挙に旧奈良県全県区から無所属で出馬し初当選。当選11回。その後は日本自由党→民主自由党→自由党を経て、1955年保守合同による自由民主党結党に参加。

しかし、入閣は遅れ、1976年に当選10回にしてようやく三木改造内閣科学技術庁長官として初入閣。しかし、その年の暮れに行われた総選挙では現職閣僚でありながら落選の憂き目に遭う。1980年の総選挙で返り咲きを果たした後、1983年甥の武志に地盤を譲り政界引退。同年勲一等旭日大綬章受章。

2008年2月12日、心不全のため神奈川県鎌倉市の病院で死去。享年94。叙従三位

親族[編集]


公職
先代:
佐々木義武
日本の旗 科学技術庁長官
第30代:1976年
次代:
宇野宗佑