八木一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八木 一男(やぎ かずお、1911年6月7日 - 1976年9月11日)は奈良県出身の政治家、部落解放運動家。

保守系衆議院議員八木逸郎の息子として奈良市に生まれる[1]東京帝国大学経済学部卒業とともに社会運動の道に入り、戦後、日本社会党に入党[1]1952年衆議院議員に当選、8選を重ねる[1]米田富とともに部落解放運動に打ち込み、部落解放同盟中央執行委員として社会党内に部落解放特別委員会を設立させ、党の部落解放政策要綱を作成。部落解放審議会設置法案を国会に提出し同和対策審議会を設置させた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 部落解放同盟中央本部『上杉佐一郎伝』197頁