竹村奈良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹村 奈良一(たけむら ならいち、1906年6月27日 - 1978年11月17日)は、日本政治家、農民運動家。衆議院議員日本共産党公認、1期)、日本農民組合総本部書記長などを歴任。

来歴[編集]

奈良県高市郡金橋村(現・橿原市)出身。青年時代より農民運動に関わり、1929年全農奈良県連争議部長に就任。1931年には、同県生駒郡片桐村満願寺での小作争議に連座した廉で検挙懲役2ヶ月執行猶予 3年の判決を受ける。その後、全農が方針転換したことに伴い日本農民連盟へ移籍。

戦後は日本農民組合奈良県支部書記長に就任するが、1949年に組合が分裂した際は容共統一派に属し、常任中央委員[1]を経て書記長[2]となる。この間1949年の衆院選奈良県全県区から出馬し初当選。1952年の衆院選に落選。

1978年11月17日、慢性硬膜下血腫のため奈良県天理市天理よろづ相談所病院で死去。72歳。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本労働年鑑 第24集 1952年版 第二部 労働運動第三編 農民運動 第七章 農民団体の現状
  2. ^ 日本労働年鑑 第25集 1953年版 第二部労働運動第三編 農民運動 第七章 農民団体の現状

関連項目[編集]

参考文献[編集]