岡本茂 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡本 茂(おかもと しげる、1898年明治31年)5月7日1980年昭和55年)9月30日)は、日本の内務官僚政治家。官選県知事衆議院議員。旧姓・小野。

経歴[編集]

奈良県出身。小野は奈の三男として生まれ、岡本佐七の養子となる。1924年京都帝国大学法学部政治学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。大学にさらに一年間在学し、1925年に法学部法律学科を卒業。内務省に入省し滋賀県属となる。

1927年島根県に移り、会計、学務、庶務の各課長を務める。以後、香川県警察部新潟県警察部の各特別高等警察課長、満州国国務院民政部総務科長、内務省社会局事務官滋賀県書記官・警察部長、警視庁衛生部長、同保安部長、内務省計画局都市計画課長、同地方局振興課長、大阪府書記官・総務部長、同内政部長などを歴任。

1944年7月、富山県知事に就任。富山大空襲、終戦への対応に忙殺された。1945年10月、山口県知事へ転じたが、1946年1月、公職追放となり退官した。

1947年、皮革協会専務理事に就任。1952年10月の第25回衆議院議員総選挙奈良県全県区自由党から出馬し当選。以後、第28回第29回第31回総選挙で当選し、衆議院議員を通算四期務めた。

その他、第1次池田内閣通商産業政務次官衆議院懲罰委員長、皮革産業中央会会長、皮革産業協会会長、経済団体連合会理事自由民主党政調会商工部長などを歴任した。

1980年9月30日死去。享年82。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。