関谷勝利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関谷 勝利
せきや かつとし
生年月日 1904年10月20日
出生地 日本の旗 日本 愛媛県松山市
没年月日 (1987-07-06) 1987年7月6日(82歳没)
出身校 愛媛県立松山中学校卒業
所属政党日本進歩党→)
民主党→)
民主自由党→)
自由党→)
自由民主党→)
無所属→)
自由民主党
子女 息子・関谷勝嗣(元参議院議員、元衆議院議員、元国土庁長官

選挙区 (愛媛県全県区 →)
旧愛媛1区
当選回数 11回
在任期間 1946年4月11日 - 1947年3月31日
1949年1月24日 - 1976年12月9日
テンプレートを表示

関谷 勝利(せきや かつとし、1904年明治37年)10月20日[1] - 1987年昭和62年)7月6日[1])は、日本実業家政治家自由民主党衆議院議員(11期)。元参議院議員関谷勝嗣の父。

経歴[編集]

愛媛県松山市出身[1][2]

1922年大正11年)松山中学校卒業[1][2]海運業土木建築請負業に従事[3]

伊予運送、松山商興、伊予造船各取締役[3]。柳瀬座興行、松山港湾荷役作業、松山港運、勝山土建各社長[3]。愛媛機帆船海運組合理事長[3]。三津浜町議、県議、進歩党幹事を歴任[3]

1946年昭和21年)初当選以来11期30年間衆議院議員を務め1976年(昭和51年)引退[1][2]。党交通部会長、衆院内閣委員長などを歴任[2]。運輸族として活躍、「陰の運輸大臣」といわれた[1][2]

汚職事件[編集]

1954年(昭和29年)の造船疑獄では飯野海運グループから20万円を受け取った収賄罪、運輸省幹部の地位を利用して関係業界から63万円の寄付で選挙資金を集めた国家公務員法違反でそれぞれ起訴され、懲役1年執行猶予2年の有罪判決が確定[4]

1967年(昭和42年)大阪地検が摘発した大阪タクシー汚職事件では収賄容疑で逮捕された[1][2]1979年(昭和54年)一審の大阪地裁で懲役1年執行猶予2年の判決を受けた[1][2]1983年(昭和58年)大阪高裁でも一審判決が支持され、上告中の1987年(昭和62年)死去[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『政治家人名事典』287頁。
  2. ^ a b c d e f g h 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』334頁。
  3. ^ a b c d e 第十九版 大衆人事録 西日本編』せ四二五頁。
  4. ^ 『戦後政治裁判史録2』328-335頁。

参考文献[編集]

  • 田中二郎、佐藤功、野村二郎編『戦後政治裁判史録2』第一法規出版、1980年。
  • 『政治家人名事典』編集・発行 - 日外アソシエーツ、1990年。
  • 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』編集・発行 - 日外アソシエーツ、2003年。


議会
先代
木村武雄
日本の旗 衆議院内閣委員長
1967年
次代
三池信