有田喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有田喜一

有田 喜一(ありた きいち、1901年4月30日 - 1986年2月9日)は、日本の政治家[1]衆議院議員選挙に通算9回当選した。

経歴[編集]

兵庫県氷上郡氷上町(現在の丹波市)出身。柏原中学八高を経て、東京帝国大学経済学部出身。政界入りする前は逓信省大阪逓信局長や運輸省海運総局長を歴任した官僚だった。政治家となってからは芦田均と行動をともにしたが、保守合同により自由民主党が結成されると旧芦田派の一部とともに岸派に入り、岸派の分裂後は福田派に属した。福田赳夫の右腕といわれ、福田が自民党幹事長を務めていた1966年その下で党経理局長を務めた。衆議院石炭対策特別委員会委員長などを経て、1966年第1次佐藤内閣第2次改造内閣文部大臣科学技術庁長官として初入閣。1968年第2次佐藤内閣第2次改造内閣防衛庁長官として入閣。1972年第1次田中角榮内閣経済企画庁長官として3度目の入閣をした。1976年の衆院選で落選し引退。

1973年勲一等旭日大綬章受章。

実直かつ寡黙な性格で知られ、外航船舶建造利子補給法の立案者でありながら、その立法をめぐる造船疑獄に全く無関係だった。

年譜[編集]

エピソード[編集]

所属政党[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 63頁。
公職
先代
天野貞祐
日本の旗 文部大臣
1966年
次代
剱木亨弘
先代
天野貞祐
日本の旗 科学技術庁長官
1966年
次代
剱木亨弘
先代
天野貞祐
日本の旗 総理府原子力委員会委員長
1966年
次代
剱木亨弘
先代
増田甲子七
日本の旗 防衛庁長官
1968年 - 1970年
次代
中曾根康弘
先代
木村俊夫
日本の旗 経済企画庁長官
1972年
次代
小坂善太郎
先代
福島慎太郎
日本の旗 内閣官房次長(政務担当)
1948年
次代
橋本龍伍
議会
先代
木村俊夫
日本の旗 衆議院外務委員長
1974年 - 1975年
次代
栗原祐幸
先代
新設
日本の旗 衆議院石炭対策特別委員長 次代
上林山栄吉