松田竹千代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松田 竹千代
まつだ たけちよ
生年月日 (1888-02-02) 1888年2月2日
出生地 日本の旗 日本 大阪府泉南郡
没年月日 (1980-12-01) 1980年12月1日(92歳没)
出身校 ニューヨーク大学
所属政党 立憲民政党
日本進歩党
自由党
分党派自由党
日本自由党

日本民主党
自由民主党
衆議院議員当選回数12回
昭和30年(1955年)郵政大臣
昭和34年(1959年)文部大臣
昭和44年(1969年)衆議院議長
称号 正三位勲一等
テンプレートを表示

松田 竹千代(まつだ たけちよ、明治21年(1888年)2月2日 - 昭和55年(1980年)12月1日)は、戦前から戦後を通じて活躍した日本の保守政治家(男性)である。明治35年(1902年)14歳で単身渡米し、苦学して明治44年(1911年)ニューヨーク大学を卒業し、大正3年(1914年)帰国後社会福祉施設・有隣園を手伝うことで社会事業家として出発した。その後昭和3年(1928年)立憲民政党より衆議院議員総選挙に出馬し、初当選を果たし、以後昭和47年(1972年)に政界を引退するまで、通算12回当選し、この間、郵政大臣、文部大臣、衆議院議長を歴任し、昭和55年(1980年)逝去。晩年はベトナム孤児福祉教育財団を設立し、孤児救済に尽力した。正三位勲一等。ニックネームはテキサス無宿

来歴・人物[編集]

大阪府泉南郡出身。14歳でアメリカ西部の荒野を夢見て単身渡米し、各地を放浪した果てにニューヨーク大学に入学。卒業後に帰国すると、日本の近代スポーツの先駆者・大森兵蔵の妻・安仁子(旧名・Annie Shepley、日本に帰化し安仁子と名乗る[1])の運営する社会福祉施設・有隣園を手伝う[2]

最初の普通選挙だった第16回衆議院議員総選挙立憲民政党公認で立候補し当選。民政党では町田忠治直系の政治家として知られ、一方で同じ民政党所属の三木武吉の知遇を得た。元来リベラルな政治家であり、昭和14年(1939年)にはクリスチャン賀川豊彦やのちに内閣総理大臣となる三木武夫らとともに日米同志会を結成し東京府東京市麹町区(現・東京都千代田区)の日比谷公会堂日米親善国民大会を開催したが[3]、戦時中は軍部と妥協し昭和18年(1943年6月17日の翼賛政治会の代議士会で鳩山一郎中野正剛の演説に対し「それではまるで反戦演説じゃないか。やるなら鳩山先生の如くやれ」と鳩山は支持しながら中野には反感をむき出しにして叫んだ。

そのため戦後は公職追放。追放解除後は三木と共に自由党に復帰、鳩山派の一員として活動。自由民主党結成後は河野派 → 森清派 → 園田グループに所属したが、その後中曽根派に入った。

ハト派野党との話し合いを重視する姿勢をとり、温厚そのものの外見だったが、思想や見た目とは裏腹に無類のきかん気で、妥協を拒む性格でもあった。また文部大臣時代は日教組の集会に出席するなど、自民党の立場にとらわれない姿勢をとった。

妻は大森兵蔵の姪・澄江[2]。次女の妙子は社会福祉事業家。孫娘の佐藤玖美(妙子の次女)は実業家

略歴[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『講談社 日本人名大事典』、384頁。
  2. ^ a b 『講談社 日本人名大事典』、1778頁。
  3. ^ a b 『政党と派閥』、31-32頁。

外部リンク[編集]


議会
先代:
石井光次郎
日本の旗 衆議院議長
第55代:1969年
次代:
船田中
公職
先代:
橋本龍伍
日本の旗 文部大臣
第79代:1959年 - 1960年
次代:
荒木万寿夫
先代:
武知勇記
日本の旗 郵政大臣
第7代:1955年
次代:
村上勇