猪俣浩三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
猪俣 浩三
いのまた こうぞう
生年月日 (1894-07-20) 1894年7月20日
出生地 新潟県
没年月日 (1993-08-21) 1993年8月21日(99歳没)
死没地 神奈川県藤沢市
出身校 日本大学法学部
所属政党 日本社会党

選挙区 新潟県第4区
当選回数 8(途中1回の落選を含む)
在任期間 1947年 - 1963年
1967年 - 1969年
テンプレートを表示

猪俣 浩三(いのまた こうぞう、1894年7月20日 - 1993年8月21日)は、日本の弁護士政治家

略歴[編集]

新潟県出身。日本大学法学部卒。1927年弁護士を開業。戦後、日本社会党の結成に参加。1947年に第23回衆議院議員総選挙新潟4区から出馬して初当選、その後は連続7回当選。1963年の第30回衆議院議員総選挙で落選したが、1967年の第31回衆議院議員総選挙にて返り咲きを果たして1期を務めた。通算当選8回。

日本社会党の衆議院議員として人権侵害、汚職問題で政府を追及した。鈴木茂三郎(左派日本社会党委員長)が起こした警察予備隊違憲訴訟では原告代理人を務めている[1]。また、議員在職中の1954年の第21回国会では衆議院内閣委員会委員長を務めた[2]

1970年アムネスティ・インターナショナル日本支部を設立し理事長となる。

1993年8月21日神奈川県藤沢市にて死去[3]。99歳没。神奈川県川崎市の春秋苑に墓所が在る[3]

著書[編集]

  • 『教育疑獄を弁護して 附・賄賂罪とはどんな犯罪か 文学に現はれたる法律思想』平凡社 1934
  • 『一億人の法律 国家総動員法の綜合的研究』有光社 1940
  • 『闇取引と刑罰』有光社 1940
  • 『統制法令の臨床解釈』有光社 1943
  • 『抵抗の系譜』酒井書店 1964
  • 『占領軍の犯罪』図書出版社 1979
  • 『聞書き猪俣浩三自伝 一無産党弁護士の昭和史』山下恒夫編著 思想の科学社 1982
共編

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 警察予備隊違憲訴訟 京都産業大学法学部 憲法学習用基本判決集
  2. ^ 第021回国会 内閣委員会 第1号 衆議院会議録
  3. ^ a b 鵠沼に居住した著名人(物故者)動静一覧 - 猪俣浩三の項参照 鵠沼を語る会公式サイト

外部リンク[編集]