塚田徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塚田 徹(つかだ とおる、1934年昭和9年)8月12日[1] - )は、昭和期の政治家。元衆議院議員(3期)。

来歴[編集]

新潟県出身[1]1957年日本大学法学部政治経済科卒業[1]。光陽商事社長を経て[1]1963年、父の知事転任に伴い衆議院議員総選挙新潟4区から無所属で立候補して初当選、以来通算3期。のち自由民主党に入党。

衆院内閣常任委員会理事、日本ユネスコ国内委員、自民党政調内閣部会副部会長等を歴任する[1]福田赳夫内閣で建設政務次官を務めた。同じ選挙区から白川勝彦が当選してから塚田は落選続きとなり、以後立候補しなかった。

家族・親族[編集]

父は新潟県知事郵政大臣を務めた塚田十一郎。自由民主党元参議院議員塚田一郎は年齢が離れているが、異母弟にあたる。妻・元子は松野頼三の娘で前衆議院議員の松野頼久は義弟。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『政治家人名事典』338頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。
  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年。