宮沢胤勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮沢 胤勇
みやざわ たねお
生年月日 1887年12月15日
出生地 長野県諏訪郡川岸村(現・岡谷市
没年月日 (1966-06-02) 1966年6月2日(78歳没)
出身校 早稲田大学
前職 明治製革代表取締役社長・会長
所属政党 立憲民政党→)
(無所属→)
国民民主党→)
新政クラブ→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党

日本の旗 第20-21代 運輸大臣
内閣 石橋内閣
第1次岸内閣
在任期間 1956年12月23日 - 1957年7月10日

選挙区 長野県第3区
当選回数 1回
在任期間 1960年11月21日 - 1963年10月23日

選挙区 長野県第3区
当選回数 1回
在任期間 1955年2月28日 - 1958年4月25日

選挙区 長野県第3区
当選回数 1回
在任期間 1952年10月2日 - 1953年3月14日

選挙区 長野県第3区
当選回数 3回
在任期間 1930年2月21日 - 1942年4月30日
テンプレートを表示

宮沢 胤勇(みやざわ たねお、1887年12月15日 - 1966年6月2日)は、日本政治家実業家

来歴・人物[編集]

長野県諏訪郡川岸村(現・岡谷市)に台湾総督府官吏宮沢長吉の長男として生まれる。

日本中学校(現・日本学園中学校・高等学校)を経て早稲田大学に進み、卒業後実業界を経て政界入りした。衆議院議員選挙に通算6回当選した。

戦前は立憲民政党に所属、戦後は旧民政党出身の大麻唯男野田武夫小泉純也浜野清吾真鍋儀十山本粂吉らと行動をともにし、改進党日本民主党自由民主党に所属した。大麻の死後は大麻派に所属していた野田・小泉・浜野・真鍋・山本らとともに岸派に所属し、岸派の分裂後は河野派に参加した野田や藤山派に参加した小泉と別れて浜野とともに川島派に所属した(なお真鍋・山本は岸派の分裂前に政界から引退した)。

略歴[編集]

参考文献[編集]

  • 田島清 編『信州人物誌』1969年
  • 中村勝実 著『信州の大臣たち』1996年