木原誠二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木原 誠二 
きはら せいじ
内閣広報室より公表された肖像
(2021年 撮影)
生年月日 (1970-06-08) 1970年6月8日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都渋谷区[1]
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員財務省
所属政党 自由民主党岸田派→無派閥)
親族 木原正裕(兄)
下坂藤太郎(曽祖父)
高瀬荘太郎(大伯父)
公式サイト 自民党・衆議院議員 木原誠二 オフィシャルサイト

内閣 第2次岸田第1次改造内閣
在任期間 2023年2月3日 - 2023年9月13日

内閣 第1次岸田内閣
第2次岸田内閣
第2次岸田第1次改造内閣
在任期間 2021年10月4日 - 2023年9月13日

日本の旗 内閣総理大臣補佐官
国家安全保障に関する重要政策担当
内閣 第1次岸田内閣
第2次岸田内閣
在任期間 2021年10月4日 - 2021年12月3日

選挙区 東京20区
当選回数 5回
在任期間 2005年9月11日 - 2009年7月21日
2012年12月16日 - 現職

その他の職歴
自由民主党幹事長代理
(総裁:岸田文雄
2023年9月22日[2][3] - 現職)
テンプレートを表示

木原 誠二(きはら せいじ、1970年昭和45年〉6月8日 - )は、日本政治家財務官僚自由民主党所属の衆議院議員(5期)、自由民主党幹事長代理兼政務調査会長特別補佐。

内閣官房副長官第1次岸田内閣第2次岸田内閣第2次岸田第1次改造内閣)、内閣総理大臣補佐官国家安全保障に関する重要政策及び核軍縮・不拡散問題担当)(第2次岸田第1次改造内閣)、同(国家安全保障に関する重要政策担当)(第1次岸田内閣・第2次岸田内閣)、外務副大臣第3次安倍第1次改造内閣)、外務大臣政務官第2次安倍内閣)、衆議院内閣委員長、自由民主党情報調査局長、同政務調査会副会長兼事務局長、同行政改革推進本部事務局長などを歴任[4][5][6]

来歴[編集]

東京都渋谷区に生まれ、生後9か月から5歳までシカゴに居住[1][7]。1979年5月にアムステルダムに移り、同年12月に新宿区立戸塚第二小学校へ転入[1]武蔵中学校・高等学校を経て、1993年3月に東京大学法学部を卒業、4月に大蔵省に入省[1]証券局証券業務課[1]

1995年7月から1997年6月、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)留学[8]。帰国後、主計局法規課勤務ののち、1999年7月から2001年6月、英国大蔵省に出向[1][8]

2001年7月、財務省大臣官房文書課長補佐(審査管理)兼大臣官房秘書課長補佐(調査)となり[9][10]、2003年7月からは国際局の課長補佐を2年務めた。

2005年7月10日、岩見沢税務署長に転任するも、急遽行われた郵政解散を受け出馬するため8月17日に財務省に復籍のうえ退職[11]

2005年第44回衆議院議員総選挙自由民主党公認で東京20区から出馬し、現職の加藤公一民主党、比例復活)を破り初当選した[12]

2009年第45回衆議院議員総選挙には自民党公認で出馬するも加藤に敗れ、比例復活もならず落選[13]。落選中は、縄文アソシエイツでコンサルタントとして勤務。政策研究大学院大学の研究員に就任。

2012年第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で再び出馬し、加藤らを破って当選、国政に復帰した[14]

2013年9月の第2次安倍内閣外務大臣政務官に就任[8]2014年9月に退任する。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で、民主党の竹田光明らを破り、3選[15]2015年10月、外務副大臣に就任[16]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙で、日本共産党宮本徹(比例復活)らを破り、4選。

2021年10月、内閣官房副長官内閣総理大臣補佐官国家安全保障に関する重要政策担当)に就任(兼務)。

2021年10月の第49回衆議院議員総選挙で、宮本(比例復活)らを破り、5選。

2021年12月、内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策担当)を辞任[17]

2023年2月から内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策及び核軍縮・不拡散問題担当)を兼務[18]

2023年9月、第2次岸田第2次改造内閣発足に伴い、内閣官房副長官及び内閣総理大臣補佐官を辞任。岸田文雄の最側近とされる木原に対し、岸田は慰留していたが、木原は後述する週刊誌報道の影響で辞退したと報じられた[19][20]。同月22日、自由民主党幹事長代理兼政務調査会長特別補佐に就任[21][22]党三役の幹事長と政務調査会長に近い重要な役職を1人で担うのは極めて異例[23]

政策・主張[編集]

2023年1月、内閣官房副長官として首相官邸での会見にて
2022年5月の訪英時に岸田らと

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2017年の朝日新聞社のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[24]。2021年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[25]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[25]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[26]

外交・安全保障[編集]

  • 普天間基地辺野古移設をめぐる政府と沖縄県の対立をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「政府が埋め立てを進めるのはやむを得ない」と回答[26]
  • 徴用工訴訟などの歴史問題をめぐる日韓の関係悪化についてどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「より強い態度で臨む」と回答[26]
  • 日本による過去の植民地支配と侵略を認めて謝罪した「村山談話」の見直し論議について、2014年の毎日新聞社のアンケートで「見直すべきでない」と回答[27]
  • 従軍慰安婦に対する旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直し論議について、2014年の毎日新聞社のアンケートで「見直すべきでない」と回答[27]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[25]。同年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[26]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[25]。「同性婚を制度として認めるべきだと考るか」との同年の毎日新聞社のアンケートに対し「認めるべきでない」と回答[26]
  • クオータ制の導入について、2021年のNHKのアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[25]。同年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[26]

その他[編集]

  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のNHKのアンケートで「下げるべき」と回答[25]
  • 10%の消費税率について、2021年の毎日新聞社のアンケートで「当面は10%を維持すべきだ」と回答[26]
  • 高等教育無償化に賛成[31]

人物[編集]

統一教会との関係[編集]

  • 2016年夏、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体「平和大使協議会」のメンバーが木原誠二の支援団体「誠世会」を発足させた。木原誠二は同団体が開く勉強会に講師として参加し、世界情勢について話をした[33]。これについて木原は、2022年10月28日開催の衆議院内閣委員会で「地元の有権者の方がつくった団体で、年に一回程度開催されていた」と説明した[34]
  • 2016年12月、アジアと日本の平和と安全を守る東京都フォーラム(後に木原はメディアからの指摘で統一教会の関連団体と知る[34])が主催したパネルディスカッション「日本とアジアの平和と安全を守る東京都フォーラム」に出席した[35][36]
  • 2019年9月29日、東久留米市の成美教育文化会館で開かれたシンポジウム「緊迫する東アジア情勢と日本の進路」に参加した。同シンポジウムは「誠世会」が主催し、「西東京平和大使協議会」と「アジアと日本の平和と安全を守る東京都フォーラム」が後援した[33]
  • 2021年、第49回衆議院議員総選挙で木原選挙事務所に世界平和連合から推薦状が届きこれを受領した。このことについて木原は「過去四回の選挙で受領した約一千に及ぶ推薦状のリストを確認したところ、一件、昨年の総選挙の際、世界平和連合から推薦状を受領していた」と述べた[34]
  • 2022年7月28日、公明党の北側一雄中央幹事会長は記者会見で統一教会を「反社会的な団体」と指摘。このことに関連し、木原は翌7月29日、官房副長官として首相官邸で開いた会見で「反社会的勢力という言葉をあらかじめ限定的、統一的に定義することは困難であり、答えを差し控えたい」と述べた[37]
  • 2022年9月8日、自民党は、衆参両院の議長を除く党所属の国会議員379人に統一教会側との関係について書面で報告させた結果を公表した。179人が何らかの接点があったことを明らかにし、一定以上の関係を認めた121人の氏名を公表した[38]。木原は前述の2016年のパネルディスカッションの件を記載せずに提出したため、木原の名は121人の中に含まれていなかった。4日後の9月12日、パネルディスカッションに出席したことを外部から指摘を受け、同日、党に報告。翌13日、会見を開き「記憶を呼び覚ますと、確かに出席をしていた」「党の方へあらためて昨日、追加の報告をした」と述べた[39][40]
  • 2022年10月28日、2021年の衆院選の際に統一教会の関連団体「世界平和連合」の推薦状を受領したことが判明した[41]

妻の元夫不審死事件[編集]

  • 2023年7月上旬、『週刊文春』は2023年7月13日号で「岸田最側近木原副長官衝撃音声『俺がいないと妻がすぐ連行される』」という見出しで、木原誠二の近くで発生した謎の不審死事件のことを報じた[42]。それは、2006年4月に東京都文京区大塚の住宅で男性(当時28歳)が血だらけで死亡しているのが発見された事件のことだった。この男性の死亡には不審な点があり、発見当時、死亡した男性と結婚していた元・妻(現在は木原誠二の妻)が2018年警視庁から任意の事情聴取を受けたなどと報じた[43]
  • 2023年7月5日、木原誠二が『週刊文春』を発行する文藝春秋刑事告訴することがわかった[44]。「司法記者クラブ 新聞社 各位 テレビ局 各位」にあてた通知書によれば、対象となるのは、7月5日12時「週刊文春 電子版」配信及び、7月6日発売の「週刊文春」に8頁にわたって掲載された記事「岸田最側近 木原副長官 俺がいないと妻がすぐ連行される 衝撃音声」である[44]。同通知書は、「週刊文春の記事は、事実無根のもの」、「捏造されたであろう風説」とし、「マスコミ史上稀にみる深刻な人権侵害」と批判し、即刻記事を削除するよう求めた[44]
  • 警察庁の露木康浩長官は2023年7月13日の記者会見で「警視庁において捜査等の結果、証拠上、事件性が認められない旨を明らかにしている。」と述べた[43]
  • 妻の元夫(当時28歳)の父親らは2023年7月20日、都内の霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「死亡の経緯が、あまりにも不可解だった。憶測ではなく、死亡の真相を一日も早く知りたい」と訴えて、警視庁(事件の管轄は大塚警察署)に再捜査を求めた[43][45]。姉の一人も「弟に自殺する動機が思い当たらない」と話した[46]
  • 会見で父親は生前の息子について「息子は中学に入学後、不良仲間とつるむようになり、暴走族に入ったこともありました。 高校時代からは雑誌モデルとして活躍していたこともあります。やんちゃな子でしたが家族想いで、約束は必ず守り、人情に厚く弱いものいじめだけはしなかった。息子は誰からも好かれ、地元の先輩や後輩にも頼られた。そんな息子が結婚したのは、2002年5月のこと。息子と同じように雑誌モデルをしていた女性と結婚し子宝にも恵まれ、夫婦関係は良好でした。しかし徐々に夫婦関係が悪化し、2006年には離婚の話がでていました。…(中略)…テレビ局や新聞社の皆さまには、この事件に関心を持っていただき、広く報じていただきますよう、心よりお願い申し上げます」と語った[47]
  • 木原誠二の妻の代理人弁護士は「週刊文春の報道で人権侵害が起こる可能性がある。」として、発行元の文藝春秋を相手に、2023年7月21日付で日本弁護士連合会に「人権救済を申し立てた。」ことを明らかにした[43]
  • 当時、木原誠二の妻を取り調べた警視庁の元警部補の男性が2023年7月28日に東京・紀尾井町の文藝春秋社で記者会見した[48]。元警部補の男性は「断言しますけど、事件性はありですからね。あれを見て事件性がないという警察官は多分いないと思う。」などと述べた[49]。この事件を担当した元警部補は、7月13日会見の警察庁長官が「事件性がない」と言ったことに対し「頭に来きた。当時からわれわれはホシを上げる為に全力で捜査してきた。なのに、志半ばで捜査を中断させられたんだ」と語った[50]。また、当時の木原誠二は警察の捜査にも介入し、「国会の召集日(10月24日)までに取り調べは終わらせろ!」と注文したという。そして、10月下旬になると、上司の管理官から「明日ですべて終わりだ」と告げられ、警察の捜査がストップしたという[51]。「妻が元夫の死亡を巡り警視庁から事情を聴かれていた。」との週刊文春報道に関し、同日に木原誠二は「私が捜査に圧力を加えたとの指摘は事実無根だ。」と松野博一官房長官に報告した[52]
  • 2023年8月1日、立憲民主党は、警察庁内閣官房からヒアリングを実施した[53]。立憲民主党が提出していた公開質問状に対し、木原誠二から書面で「報道については刑事告訴しており、これ以上の人権侵害が行われないよう理解をお願いする。」との回答があったことを明らかにした[53]。ヒアリングで、警察庁の担当者は「事件性は認められない。」、「木原氏を含め、首相官邸などから捜査に関する接触はなかった。」と述べた[53][54]。立憲民主党は木原にも出席を求めていたが、木原は応じなかった[53]
  • 遺体発見当時、死亡した元夫の男性(当時28歳)は自殺とされたが、現場に残された凶器のナイフと、廊下、室内のマット、階段などについた血痕などから、その男性の遺体は何者かに動かされた形跡がある、と、この遺体現場の調査を担当した捜査員のメモに記録されている[55]
  • 妻の元夫の遺族が容疑者不詳で警視庁大塚警察署に殺人の疑いで告訴状を提出し、2023年10月25日に受理された[56]
  • 「2023年12月15日、警視庁は事件性は認められないとする捜査結果を東京地検に送付し、捜査結果は同日、遺族に伝えられた」と読売新聞は報じた[57]
  • 読売新聞は「06年死亡の男性『事件性認めず』」の記事で、捜査結果が遺族に伝えられたとあるのは誤りでした。警視庁から東京地検への書類送付の事実は伝えられていましたが、事件性が認められないとする捜査結果は伝わっていませんでした。確認が不十分でした」と12月20日の社会面の片隅に訂正を掲載した[58]

趣味・嗜好[編集]

その他[編集]

2023年1月の訪加時の昼食会にて岸田のスピーチを聞く様子(手前右から2人目)。左隣に座っているのはジャスティン・トルドー
  • 2016年9月、ダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件が発生した際には、現地対策本部長を務めた。現地では、犯行現場の視察、ハシナ首相との会談、遺族のサポートなどを行い、出発前の記者会見で「まず現地で情報収集、事実関係の確認に全力を上げたい。救出された方に万全の対応を取りたい。人命第一で、人命優先で、各国と緊密に連携を取る」などと述べ、現地でのハシナ首相との会談[61]では、犠牲者について、「バングラデシュの発展のため、両国の友好のために仕事をしていた」と説明した[62]
  • 2017年9月21日、週刊現代がまとめた特集「現職議員が選んだ「最強の内閣」を発表します ~忖度は一切ありません!~[63]。」では、経済産業大臣候補として挙げられた。記事の中で「外務・財務双方に精通し、諸外国との交渉に長けている」(細田派・衆)、「財務省出身で、英国大蔵省にも出向していた。パリ協定も実務交渉を担当し、能力は確かだ。奇を衒わない実力派」(麻生派・衆)と記された。
  • 岸田文雄の側近として知られ、岸田の党政調会長在任中は政調副会長兼事務局長として議論の取りまとめ役を担った[要出典]
  • 2022年2月24日にロシアがウクライナへの全面侵攻を開始すると[64]安倍晋三元首相は2月27日のフジテレビの番組『日曜報道 THE PRIME』で、NATO加盟国の一部が採用している「核共有(核シェアリング)」について、「日本は核拡散防止条約加盟国で、非核三原則があるが、世界はどのように安全が守られているかという現実について、議論していくことをタブー視してはならない」と述べ、レギュラーコメンテーターの橋下徹と共に核武装に前向きな考えを示した[65][66]。3月17日、自民党の安全保障調査会は勉強会を党本部で開き、核共有を当面採用しない方針をまとめるが[67][68]、3月27日、木原は『日曜報道 THE PRIME』に出演し、「日米同盟を強化する中で、さまざまなオプションを考えていく」と述べ、核共有の議論を否定しない考えを示した[69]
  • 2023年1月、岸田の欧米5カ国訪問に官房副長官として同行。アメリカではぶら下がり取材を受ける岸田の後ろで、木原がズボンのポケットに手を入れながら立つ様子が報じられ、後に歩きながら考える昔からの癖だと釈明した上で謝罪している[70]。また、カナダでは昼食会でジャスティン・トルドー首相の横で、椅子の背もたれに掛け、足を組み岸田のスピーチを聞く様子が見られ、後に「気を付ける」と述べた[71]

親族[編集]

政治資金[編集]

  • 朝日新聞によると、木原自身が代表を務める政党支部を通して325万円を自身の資金管理団体などに寄付し、税の優遇を受けていたことが指摘された[82]。これについて木原自身は講演会で「浪人時代にサラリーマンとして汗水流して自分で稼いだお金を寄付したものであり、いわゆる現役の政治家が税金から得た議員報酬を寄付して還付を受けたものとは全く性格が異なる」と説明した。

選挙[編集]

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 35 東京20区 自由民主党 11万2634票 44.55% 1 1/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 39 東京20区 自由民主党 9万5718票 35.98% 1 2/4 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 42 東京20区 自由民主党 9万8070票 40.41% 1 1/4 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 45 東京20区 自由民主党 11万273票 52.13% 1 1/3 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 47 東京20区 自由民主党 10万7686票 49.89% 1 1/3 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 51 東京20区 自由民主党 12万1621票 52.60% 1 1/3 /

栄典[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

関係団体[編集]

著作[編集]

  • 『英国大蔵省から見た日本』(2002年、文春新書)
  • 「政官関係 英国にみる『政と官』の相互不可侵」(議会政治研究62号、2002年)
  • 「アジア債券市場育成イニシアティブについて」(ファイナンス469号、2004年)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 木原誠二外務副大臣略歴”. 外務省 (2015年10月21日). 2023年7月30日閲覧。
  2. ^ “自民幹事長代理に木原誠二氏 政調会長補佐も兼務 女性局長に高橋はるみ参院議員”. Nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2023年9月22日). オリジナルの2023年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20231003060736/https://www.nikkansports.com/general/news/202309220000357.html?mode=all&utm_source=AMPbutton&utm_medium=referral 2023年9月22日閲覧。 
  3. ^ “自民・幹事長代理に木原氏 幹事長の補佐役に女性3割起用”. 毎日新聞デジタル (毎日新聞社). (2023年9月22日). https://mainichi.jp/articles/20230922/k00/00m/010/260000c 2023年9月22日閲覧。 
  4. ^ “国会議員情報 木原 誠二(きはら せいじ)”. 時事ドットコム (時事通信社). https://www.jiji.com/sp/giin?d=adb173d7aaf1ee50a07dc6e98194750e&c=syu 2023年9月22日閲覧。 
  5. ^ 木原 誠二”. 首相官邸ホームページ. 内閣官房内閣広報室. 2023年9月22日閲覧。
  6. ^ プロフィール”. 自民党・衆議院議員 木原誠二 オフィシャルサイト. 2023年9月22日閲覧。
  7. ^ 幼少・学生時代”. 自由民主党・衆議院議員 木原誠二 (2008年1月1日). 2023年7月29日閲覧。
  8. ^ a b c 第2次安倍内閣 大臣政務官名簿”. 首相官邸. 2016年7月6日閲覧。
  9. ^ 『職員録 平成14年版 上巻』財務省印刷局、2001年11月発行、477頁
  10. ^ 『職員録 平成15年版 上巻』財務省印刷局、2002年11月発行、483頁
  11. ^ 自民党空白区に財務官僚を擁立”. 読売新聞 (2005年8月18日). 2016年7月6日閲覧。
  12. ^ 小選挙区 東京 開票結果”. 読売新聞. 2016年7月6日閲覧。
  13. ^ 木原誠二 総選挙2009”. 読売新聞. 2016年7月6日閲覧。
  14. ^ 木原誠二 衆院選2012”. 読売新聞. 2016年7月6日閲覧。
  15. ^ 木原誠二 衆院選2014”. 読売新聞. 2016年7月6日閲覧。
  16. ^ 第3次安倍改造内閣 副大臣名簿”. 首相官邸. 2016年7月6日閲覧。
  17. ^ 内閣辞令』(プレスリリース)内閣官房、2021年12月3日https://www.kantei.go.jp/jp/content/20211203_houdou.pdf2021年12月4日閲覧 
  18. ^ “木原官房副長官、首相補佐官も兼務に 岸氏の辞職で”. 日本経済新聞. (2023年2月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA035HL0T00C23A2000000/ 2023年2月3日閲覧。 
  19. ^ 首相最側近の木原氏が異例の兼務 党幹事長・政調会長ダブル代理に:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2023年9月13日). 2023年9月14日閲覧。
  20. ^ 木原誠二氏は幹事長代理の見通し…8月に官房副長官の退任申し出”. 読売新聞オンライン (2023年9月13日). 2023年9月14日閲覧。
  21. ^ “自民幹事長代理に木原誠二氏 政調会長補佐も兼務 女性局長に高橋はるみ参院議員”. 日刊スポーツ. (2023年9月22日). https://www.nikkansports.com/m/general/news/amp/202309220000357.html 2023年9月22日閲覧。 
  22. ^ “自民・萩生田氏「機動的に協力を」 木原誠二特別補佐に”. 産経新聞. (2023年9月22日). https://www.sankei.com/article/20230922-F7F3J2GGVFJAHLVNMHJ24JLQDY/ 2023年9月22日閲覧。 
  23. ^ “木原誠二氏、異例の厚遇 自民党幹事長代理と「政調会長特別補佐」を兼務”. 東京新聞. (2023年9月22日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/279057 2023年9月23日閲覧。 
  24. ^ 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2017衆院選:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2019年10月3日閲覧。
  25. ^ a b c d e f 東京20区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g h i 自民 東京20区 木原誠二”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  27. ^ a b 東京20区 木原誠二”. 2014衆院選. 毎日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  28. ^ 「赤木ファイル」の存在、国側が認める 森友文書改ざん訴訟 確認に1年以上”. 東京新聞 (2021年5月6日). 2023年5月8日閲覧。
  29. ^ 石井潤一郎 (2021年5月13日). “菅首相、再調査を否定 「赤木ファイル」所在確認も”. 朝日新聞. 2023年5月12日閲覧。
  30. ^ 皆川剛 (2021年10月11日). “岸田首相、森友問題再調査を否定 赤木さん妻「再調査を期待していたので残念」”. 東京新聞. 2023年5月12日閲覧。
  31. ^ 懸案の少子化対策が一気に前進した真の理由 | 政策”. 東洋経済オンライン (2017年12月12日). 2019年10月2日閲覧。
  32. ^ たばこ税”. 内閣官房副長官・内閣総理大臣補佐官 自民党 木原誠二 オフィシャルサイト (2008年12月7日). 2021年10月25日閲覧。
  33. ^ a b 《写真入手》統一教会関連団体が木原誠二官房副長官の後援会設立の疑い 自民党市議が証言”. 文春オンライン (2022年9月21日). 2022年10月5日閲覧。
  34. ^ a b c 第210回国会 衆議院 内閣委員会 第3号 令和4年10月28日”. 衆議院内閣委員会 (2022年10月28日). 2022年10月28日閲覧。
  35. ^ “木原氏、教団関連会合出席 自民調査に報告漏れ”. 共同通信. (2022年9月13日). オリジナルの2022年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220912155008/https://nordot.app/942085020587573248 2022年9月13日閲覧。 
  36. ^ 西村圭史 (2022年9月13日). “木原副長官、旧統一教会関連団体のイベント参加 党調査には報告せず”. 朝日新聞. 2022年9月13日閲覧。
  37. ^ “「反社」定義は困難 木原官房副長官”. 時事通信. (2022年7月29日). オリジナルの2022年7月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220729053713/https://www.jiji.com/jc/article?k=2022072900556 2022年8月2日閲覧。 
  38. ^ “自民“旧統一教会と接点の国会議員は179人”うち121人氏名公表”. NHKニュース. (2022年9月8日). オリジナルの2022年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220912161159/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220908/k10013809081000.html 2022年9月13日閲覧。 
  39. ^ ““統一教会”会合「確かに出席」 木原副長官 自民調査に追加報告”. FNNプライムオンライン. (2022年9月13日). オリジナルの2022年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220913032102/https://www.fnn.jp/articles/-/416375 2022年9月13日閲覧。 
  40. ^ “「記憶呼び覚まされた」木原副長官が旧統一教会との関係“報告漏れ” 自民党に追加報告”. TBS NEWS DIG. (2022年9月13日). オリジナルの2022年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220912155155/https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/150405?display=1 2022年9月13日閲覧。 
  41. ^ “【速報】木原官房副長官「昨年の総選挙時に世界平和連合から推薦状を受領」”. TBS NEWS DIG. (2022年10月28日). オリジナルの2022年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221028031628/https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/189585?display=1 2022年10月30日閲覧。 
  42. ^ 紀凱, 花田 (2023年7月9日). “【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(932) 木原官房副長官の妻めぐる『文春』の特大スクープ”. 産経ニュース. 2023年8月5日閲覧。
  43. ^ a b c d “木原副長官の妻側 文春報道で人権救済申し立て 遺族は再捜査要求”. 朝日新聞. (2023年7月24日). https://www.asahi.com/articles/ASR7S73J7R7SUTIL01M.html 2023年7月29日閲覧。 
  44. ^ a b c 「マスコミ史上稀にみる深刻な人権侵害」木原誠二官房副長官が『週刊文春』記事を巡り文藝春秋社を刑事告訴へ”. 文春オンライン (2023年7月5日). 2023年7月20日閲覧。
  45. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2023年7月21日). “木原誠二氏妻の元夫・安田種雄さん遺族が記者会見 自殺扱いも不審点、再捜査要請 文春砲に木原氏「事実無根」”. zakzak:夕刊フジ公式サイト. 2023年8月5日閲覧。
  46. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2023年7月21日). “木原誠二氏妻の元夫・安田種雄さん遺族が記者会見 自殺扱いも不審点、再捜査要請 文春砲に木原氏「事実無根」”. zakzak:夕刊フジ公式サイト. 2023年8月5日閲覧。
  47. ^ 「種雄の無念を晴らしてやると息子に誓いました」 木原誠二官房副長官妻の前夫「不審死」事件で遺族会見...真相解明願う”. J-CAST ニュース (2023年7月20日). 2023年8月5日閲覧。
  48. ^ “元捜査員が異例の実名会見 週刊文春と木原官房副長官、妻巡る報道で対立 警視庁は事件性や圧力を否定するが…”. 東京新聞. (2023年7月29日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/266307 2023年7月31日閲覧。 
  49. ^ 《記者会見詳報》「断言する。これは殺人事件。被害者が可哀想だ」木原誠二官房副長官の妻を担当した取調官・佐藤誠警部補が語ったこと”. 文春オンライン (2023年7月28日). 2023年7月31日閲覧。
  50. ^ 「週刊文春」編集部. “「オマエなんて、いつでもクビ飛ばせるぞ!」自宅に向かうと木原副長官は怒鳴り…“妻の元夫怪死事件”全容を“捜査一課伝説の取調官”が実名告発!”. 文春オンライン. 2023年8月5日閲覧。
  51. ^ 「週刊文春」編集部. “「オマエなんて、いつでもクビ飛ばせるぞ!」自宅に向かうと木原副長官は怒鳴り…“妻の元夫怪死事件”全容を“捜査一課伝説の取調官”が実名告発!”. 文春オンライン. 2023年8月5日閲覧。
  52. ^ “木原誠二副長官「報道は事実無根」 松野官房長官に報告”. 日本経済新聞. (2023年7月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA28C4E0Y3A720C2000000/ 2023年7月29日閲覧。 
  53. ^ a b c d “木原氏、報道巡り書面回答 立民、警察庁から聞き取り”. 東京新聞. (2023年8月1日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/267033?rct=politics 2023年8月1日閲覧。 
  54. ^ 木原副長官“週刊誌報道”を刑事告訴 立憲の公開質問状に「これ以上の人権侵害が行われないようご理解を」などとコメント”. TBS NEWS DIG (2023年8月2日). 2023年8月2日閲覧。
  55. ^ 「週刊文春」編集部. “「誰が種雄さんの遺体を動かしたのか…」“木原事件”ベテラン捜査員の“捜査メモ”を独占入手!「自殺とはどうしたって考えられない」”. 文春オンライン. 2023年8月5日閲覧。
  56. ^ 木原誠二衆院議員の妻の元夫死亡 遺族 殺人の疑いで告訴し受理”. NHK NEWS WEB (2023年10月25日). 2023年10月27日閲覧。
  57. ^ 東京・文京の住宅で06年に遺体で見つかった男性、警視庁「事件性認めず」…3度捜査”. 読売新聞オンライン (2023年12月16日). 2023年12月16日閲覧。
  58. ^ 【テレビ朝日元法務部長が追う木原事件】ついに遺族が検事と初対面…!告げられた「衝撃の言葉」と検察が示唆した「独自捜査」の可能性”. 現代ビジネス (2023年12月26日). 2023年12月26日閲覧。
  59. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  60. ^ 木原誠二 公式ツイッター” (2020年4月22日). 2020年10月24日閲覧。
  61. ^ 木原誠二外務副大臣がバングラ首相と会談 現場も視察「大変な無念のなか…」”. 産経新聞 (2016年7月3日). 2017年9月25日閲覧。
  62. ^ 木原誠二・外務副大臣がダッカ入り テロに「強い憤り」”. 産経新聞 (2016年7月3日). 2016年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月25日閲覧。
  63. ^ 現職議員が選んだ「最強の内閣」を発表します”. 週刊現代 (2017年9月21日). 2017年9月25日閲覧。
  64. ^ ロシアが全面侵攻開始、ウクライナは自国を防衛=クレバ外相”. ロイター (2022年2月24日). 2022年2月28日閲覧。
  65. ^ 楢崎貴司 (2022年2月27日). “安倍氏、核共有にふれ「世界の現実、議論タブー視ならぬ」 フジ番組”. 朝日新聞. 2022年3月1日閲覧。
  66. ^ 「核共有の議論必要」で安倍氏と橋下氏が一致”. FNNプライムオンライン (2022年2月27日). 2022年3月1日閲覧。
  67. ^ 川田篤志 (2022年3月16日). “核共有は「日本になじまない」自民党安保調査会は当面採用せず 非核三原則見直しも党提言に盛り込まず”. 東京新聞. 2022年3月17日閲覧。
  68. ^ 畠山嵩 (2022年3月16日). “核共有 自民党、提言に盛り込まない見通し 勉強会で積極論なく”. 毎日新聞. 2022年3月17日閲覧。
  69. ^ 「核共有」めぐり、木原官房副長官「さまざまな選択肢考える」”. FNNプライムオンライン (2022年3月27日). 2022年3月28日閲覧。
  70. ^ 渦中の木原官房副長官が謝罪 ポケットに手を入れたのは“昔からの癖”「歩きながら考えるタイプなんで」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2023年2月5日閲覧。
  71. ^ (2ページ目)「ポケット手突っ込み写真」で炎上の木原誠二官房副長官、他にも問題行動が 足を組んでスピーチを聞く“失礼写真””. デイリー新潮. 2023年2月5日閲覧。
  72. ^ 政治の甘え”. 自由民主党・衆議院議員 木原誠二 (2010年8月9日). 2023年7月28日閲覧。
  73. ^ 『人事興信録 第5版』き1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2023年7月27日閲覧。
  74. ^ a b 3.11あの日から1年、決意を新たに。”. 自由民主党・衆議院議員 木原誠二 (2012年3月11日). 2023年8月20日閲覧。
  75. ^ 政財界注目の「木原兄弟」 官房副長官とみずほ次期社長…銀行一家出身、台湾との縁も産経新聞2022/1/19 12:44
  76. ^ "みずほ新社長に木原氏、危機感映す抜擢人事-負の連鎖断てるか課題に". bloomberg. 11 January 2022. 2022年1月13日閲覧
  77. ^ 『大衆人事録 東京篇』「高瀬荘太郎」
  78. ^ 「週刊文春」編集部. “「胎児認知しとけばよかった」木原誠二官房副長官の"隠し子"巡る説明に虚偽の疑い 愛人の告白音声入手”. 文春オンライン. 2023年7月20日閲覧。
  79. ^ 岸田総理の側近・木原誠二官房副長官の“隠し子”疑惑 直撃に「ちゃんと育てる」”. デイリー新潮 (2021年12月23日). 2023年7月20日閲覧。
  80. ^ 「週刊文春」編集部. “岸田首相最側近・木原誠二内閣官房副長官(53) シングルマザー愛人との“ディズニーデート”写真”. 文春オンライン. 2023年7月20日閲覧。
  81. ^ 「週刊文春」編集部. “愛人が婚外子を認める文書送付 木原誠二官房副長官は養育費を払っていないと説明 岸田政権方針に反する疑い”. 文春オンライン. 2023年7月20日閲覧。
  82. ^ 「国会議員17人、寄付還流 党支部介し税優遇受ける」(38面)、朝日新聞、2013年4月20日
  83. ^ “2021年7月号_6面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年6月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/07/2021%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7_6%E9%9D%A2.pdf 2021年7月11日閲覧。 
  84. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』花伝社、2016年

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。

外部リンク[編集]

公職
先代
坂井学
日本の旗 内閣官房副長官(政務担当・衆議院)
2021年 - 2023年
次代
村井英樹
先代
岸信夫
日本の旗 内閣総理大臣補佐官
国家安全保障に関する重要政策
及び核軍縮・不拡散問題担当)

2023年
次代
石原宏高
先代
木原稔
日本の旗 内閣総理大臣補佐官
(国家安全保障に関する重要政策担当

2021年
次代
寺田稔
先代
中山泰秀
城内実
日本の旗 外務副大臣
武藤容治と共同

2015年 - 2016年
次代
岸信夫
薗浦健太郎
先代
阿部俊子
城内実
若林健太
日本の旗 外務大臣政務官
石原宏高
牧野京夫と共同

2013年 - 2014年
次代
薗浦健太郎
中根一幸
宇都隆史
議会
先代
松本文明
日本の旗 衆議院内閣委員長
2020年 -2021年
次代
上野賢一郎