正示啓次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

正示 啓次郎(しょうじ けいじろう、1911年5月16日 - 1994年4月17日)は、日本の大蔵官僚政治家衆議院議員経済企画庁長官

来歴・人物[編集]

和歌山県出身。耐久中学浪速高等学校を経て、1933年3月、東京帝国大学経済学部を卒業。1932年11月、高等試験行政科試験に合格。1933年4月、大蔵省に入り理財局属となる。その後、国税庁総務部長、同庁次長、大蔵省主計局次長、同管財局長、同理財局長などを歴任。1959年農林漁業金融公庫副総裁に就任した。

1960年11月、第29回衆議院議員総選挙和歌山県第2区自由民主党から出馬し初当選。その後、1980年6月の第36回衆議院議員総選挙まで連続8回の当選を果たした。1983年12月の第37回衆議院議員総選挙に出馬したが落選。

衆議院議員としては、同院沖縄北方特別委員長などを務める。また、1965年6月に第1次佐藤内閣外務政務次官1979年11月、第2次大平内閣国務大臣・経済企画庁長官に就任した。1994年4月17日死去。享年82。

その他、ユニバーサル証券参与を務めた。

参考文献[編集]


議会
先代:
渡辺美智雄
日本の旗 衆議院内閣委員長
1976年 - 1978年
次代:
始関伊平
公職
先代:
小坂徳三郎
日本の旗 経済企画庁長官
第31代:1979年 - 1980年
次代:
河本敏夫