相川勝六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
相川 勝六
あいかわ かつろく
生年月日 1891年12月6日
出生地 日本の旗佐賀県藤津郡嬉野村
(現:嬉野市
没年月日 (1973-10-03) 1973年10月3日(満81歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学
(現:東京大学
前職 国家公務員内務省警察官
弁護士
各県知事
所属政党 自由民主党
称号 法学士

日本の旗 第11代 厚生大臣
内閣 小磯内閣
在任期間 1944年7月22日 - 1945年4月7日

選挙区 宮崎県第1区
当選回数 8回
在任期間 1952年 - 1972年

愛媛県の旗 官選第33代 愛媛県知事
在任期間 1943年7月1日 - 1944年4月18日

愛知県の旗 官選第31代 愛知県知事
在任期間 1941年3月26日 - 1942年6月9日

広島県の旗 官選第31代 広島県知事
在任期間 1939年9月5日 - 1941年3月26日

その他の職歴
宮崎県の旗 官選第29代 宮崎県知事
1937年7月7日 - 1939年9月4日
テンプレートを表示

相川 勝六(あいかわ かつろく、1891年明治24年)12月6日 - 1973年(昭和48年)10月3日)は、日本官僚政治家弁護士佐賀県嬉野村(現:嬉野市)出身。東京帝国大学卒。宮崎広島愛知愛媛各県官選知事を歴任。大政翼賛会実践局長、厚生大臣衆議院議員

来歴[編集]

栄典[編集]

逸話[編集]

平和台公園入口の銅像
  • 海軍の演習時に警察関係者として出席したが、折しも強風で相川の帽子が飛ばされた。この際昭和天皇が、「帽子がないと様にならないぞ」と風に飛ばされた相川の帽子を持ってこさせている。
  • 廣田内閣組閣においては、潮恵之輔の入閣に内務省内の有力革新官僚の一人として反対。このため同様に反対していた唐沢俊樹安倍源基と共に左遷されている。
  • 官選の宮崎県知事・広島県知事・愛知県知事・愛媛県知事を務めている。宮崎県知事在任中には、高鍋に化学工業・日南に日本パルプ工業・小林と高鍋にアルコール工場を誘致し、県営で水力発電所を着工。愛知県知事に転任した際には、餞別を「相川厚生事業団」として引き揚げ漁民の託児所や福祉施設を広島に建設した。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5603号「叙任及辞令」1945年9月14日。

関連項目[編集]

議会
先代:
山本粂吉
日本の旗 衆議院内閣委員長
1957年
次代:
福永健司
公職
先代:
廣瀬久忠
日本の旗 厚生大臣
第11代:1945年
次代:
岡田忠彦