永峰弥吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永峰 弥吉(彌吉、ながみね やきち、1840年天保11年11月) - 1894年明治27年)1月12日[1])は、幕末幕臣明治期の内務官僚。官選県知事。旧姓・高橋、幼名・良三郎、号・舟所[2]

経歴[編集]

駿河国駿府[3][4]幕府代官属吏・高橋古太夫の第三子として生まれ、幕臣・永峰家の養子となる[2]戊辰戦争で旧幕府軍とともに脱走し、箱館政権の会計奉行のもとで組頭を務め、兵糧・銃器の調達などに従事[2][3]。降伏後、謹慎を経て静岡藩に復籍。人見寧らと集学所の設立に尽力[2]

廃藩置県後、静岡県に出仕し、権大属、二等属、一等属、少書記官、大書記官を歴任[3]1885年内務省に転じ内務少書記官に就任。以後、大阪府書記官福島県書記官を歴任[2]

1891年4月9日、第1次山縣内閣により宮崎県知事に登用された。第2回衆議院議員総選挙において選挙干渉を行った[5]1892年8月20日、佐賀県知事に転任。第5回県会議員選挙では選挙干渉を行わなかった。病のため在任中に死去した[3]

栄典[編集]

親族[編集]

兄は根津勢吉であり、いとこに川路聖謨がいる。孫は原田國男である[8]

脚注[編集]

  1. ^ 『明治過去帳』新訂初版、391頁。
  2. ^ a b c d e 『幕末維新大人名事典』下巻、208頁。
  3. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』987頁。
  4. ^ 『地方長官人物評』177頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』1079頁。
  6. ^ 『官報』第2341号「叙任及辞令」1891年4月23日。
  7. ^ 『官報』第2703号「叙任及辞令」1892年7月2日。
  8. ^ 原田國男『裁判の非情と人情』〈岩波新書 新赤版1646〉岩波書店、2017年、181頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』下巻、新人物往来社、2010年。
  • 大岡力『地方長官人物評』長島為一郎、1892年。