二見甚郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二見 甚郷(ふたみ じんごう、1888年10月16日 - 1968年11月17日)は、宮崎県知事。宮崎県東諸県郡高岡町(現・宮崎市)出身。

経歴[編集]

宮崎県立宮崎中学校第七高等学校造士館を経て、1915年東京帝国大学法学部政治学科卒。同年外交官及領事官試験に合格し外務省に入省、1923年退官。1928年衆議院議員1941年タイ公使を経て、1945年宮崎市長となる。1947年の公選制となっての最初の県知事選では、得票数1位となるも法定得票数に届かず、安中忠雄との決選投票となるが、投票直前に公職追放された。その後1955年の知事選挙で当選し知事を1期務めた。1959年知事を辞職後は参議院議員となった。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。


公職
先代:
萱嶋高
Flag of Miyazaki, Miyazaki.svg 宮崎市長
第9代:1945 - 1947
次代:
荒川岩吉