柿原政一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柿原政一郎

柿原 政一郎(かきはら せいいちろう、1883年明治16年)5月25日 - 1962年昭和37年)1月14日[1])は、日本の衆議院議員立憲政友会政友本党)。宮崎市長。高鍋町長。

経歴[編集]

宮崎県児湯郡高鍋村(現在の高鍋町)出身[2]1904年(明治37年)に第六高等学校を卒業した後、東京帝国大学文科大学哲学科で学んだ[3]。高鍋製糸株式会社社長、中国民報社理事、大原社会問題研究所評議員・出版部主任などを務めた[2]

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その後は中国民報社社長や広島臨港土地株式会社取締役などを務めたが[4]1935年(昭和10年)には宮崎市長に選出された。その後も、高鍋町長、宮崎県会議員、同議長に選ばれた[1][3]

また九州茶業株式会社社長となり[1]、宮崎県茶業組合長も務めた[3]

戦後は高鍋町立図書館館長に就任した[1]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』
  2. ^ a b 『衆議院要覧』
  3. ^ a b c 『人事興信録』第13版
  4. ^ 『人事興信録』第8版

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第8版』 人事興信所、1928年
  • 『衆議院要覧 下巻 大正九年六月』 衆議院事務局、1920年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(上)』 人事興信所、1941年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年