萱嶋高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
萱嶋 高
生誕 1889年4月18日
宮崎県 児湯郡高鍋町
死没 (1956-02-18) 1956年2月18日(満66歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1909 - 1945
最終階級 陸軍中将
除隊後 宮崎市市長
テンプレートを表示

萱嶋 高(かやしま たかし、1889年4月18日 - 1956年2月18日)は、大日本帝国陸軍軍人陸軍中将宮崎県児湯郡高鍋町出身。陸士21期、陸大32期。

経歴[編集]

天津駐屯歩兵隊(昭和11年5月30日からは支那駐屯歩兵第2連隊)長、歩兵第136旅団長などを歴任し、太平洋戦争開戦後は、留守第6師団長から新設された第46師団の師団長となるが師団が南方に渡る前に予備役、その後召集され再び留守第6師団長、退役後は宮崎市長を務めた。

終戦前後の厳しい情勢のなかでの市政担当であったが、連合国軍の進駐にともない市長の職を辞した[1]極東国際軍事裁判(東京裁判)において、通州事件に関する証言をおこなっている。舞鶴神社の宮司を務めた[1]

年譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]


公職
先代:
和田一次
Flag of Miyazaki, Miyazaki.svg 宮崎市長
第8代:1945
次代:
二見甚郷