宮崎県議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗 日本の議会
宮崎県議会
みやざきけんぎかい

宮崎県議会 2011.jpg
議会の種類 一院制
議長 蓬原正三
自由民主党・縣民會議)
副議長 外山衛
(自由民主党・縣民會議)
成立年月日 1947年 地方自治法による設置)
所在地 〒880-8501
宮崎県宮崎市橘通東2-10-1
任期 4年
定数 39
院内勢力
  県民連合宮崎(6)
  愛みやざき(2)
1
  無所属の会 (1)
  県民の声 (1)
選挙制度 中選挙区制
小選挙区制
議会運営 委員会中心主義
公式サイト 宮崎県議会:Miyazaki Prefectural Assembly
シンボル 宮崎県の旗
テンプレートを表示

宮崎県議会(みやざきけんぎかい)は、宮崎県に設置されている地方議会

概要[編集]

  • 議長(68代) - 星原透(宮崎県議会自由民主党、都城市選挙区、6期目)
  • 副議長(94代) - 宮原義久(宮崎県議会自由民主党、小林市・西諸県郡選挙区、4期目)
会派
会派名 議員数 所属党派
宮崎県議会自由民主党 23 自由民主党
県民連合宮崎 06 立憲民主党国民民主党社会民主党
公明党宮崎県議団 03 公明党
愛みやざき[1] 02 無所属
日本共産党宮崎県議会議員団 02 日本共産党
自由民主党県民クラブ 01
無所属の会 01 無所属
県民の声 01
2016年8月現在。
  • 常任委員会
    • 総務政策常任委員会
    • 厚生常任委員会
    • 商工建設常任委員会
    • 環境農林水産常任委員会
    • 文教警察企業常任委員会
  • 特別委員会
    • 総合交通・観光・経済対策特別委員会
    • 地方創生対策特別委員会
    • 宮崎のこども対策特別委員会
    • 決算特別委員会
  • 事務局
    • 総務課
    • 議事課
    • 政策調査課

定数[編集]

  • 39

各選挙区の定数・区域・選出議員[編集]

  • 選挙区数14[2]
選挙区 定数 市区町村 選出議員[3]
西臼杵郡選挙区 1 西臼杵郡 緒嶋雅晃
延岡市選挙区 5 延岡市 太田清海河野哲也田口雄二
後藤哲朗井本英雄
東臼杵郡選挙区 1 東臼杵郡 黒木正一
日向市選挙区 2 日向市 日高博之西村賢
西都市・西米良村選挙区 1 西都市西米良村 押川修一郎
児湯郡選挙区 3 児湯郡(都農町木城町
川南町高鍋町新富町)
坂口博美図師博規松村悟郎
小林市・西諸県郡選挙区 2 小林市西諸県郡高原町 丸山裕次郎宮原義久
東諸県郡選挙区 1 東諸県郡(綾町国富町) 中野広明
宮崎市選挙区 12 宮崎市 有岡浩一井上紀代子岩切達哉
清山知憲重松幸次郎新見昌安
野﨑幸士日髙陽一前屋敷恵美
右松隆央横田照夫渡辺創
えびの市選挙区 1 えびの市 中野一則
都城市選挙区 6 都城市 徳重忠夫来住一人二見康之
星原透満行潤一山下博三
北諸県郡選挙区 1 北諸県郡 蓬原正三
日南市 2 日南市 高橋透外山衛
串間市選挙区 1 串間市 島田俊光

※平成27年4月時点の市町村に基づく選挙区割り当て ※議員定数は、平成23年4月の県議会議員選挙から6名削減し、39名になった

主な宮崎県議会議員出身者[編集]

衆議院議員(現職)

参議院議員(現職)

首長(現職)

元議員・その他

参考[編集]

  • 平成23年の選挙より定数13%減した。45→39。[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2007年から2011年まで存在した東国原前知事の与党会派愛みやざきとは異なる
  2. ^ 宮崎県議会:宮崎県議会について:選挙区と議員の数
  3. ^ 宮崎県議会:宮崎県議会について:議員名簿(五十音順)
  4. ^ 県議会の動き No.7 平成21年6月”. 宮崎県議会事務局 (2009年). 2012年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]