津村重光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津村 重光(つむら しげみつ、1947年11月16日 - )は、日本政治家。第22-25代宮崎市長(1994年-2010年)。宮崎県宮崎市出身。

宮崎大学学芸学部附属中学校ラ・サール高等学校京都大学法学部卒業。1971年旭化成に入社。1975年宮崎県議会議員(民社党)に初当選。1990年辞職し宮崎市長選に出馬するが落選、1994年2月に再度宮崎市長選に挑み初当選。その後4期16年宮崎市長を務め、2010年の市長選を期に政界から引退した[1]。主な実績として人口50万規模の「大宮崎市構想」の下に進めた宮崎市の中核市への移行(1998年)、田野町高岡町佐土原町の編入(2006年)、清武町との合併調印[2]がある。

3期目はイオンモール宮崎の出店問題(2001年-2002年)、4期目は橘通り国道220号)を3車線から2車線へとし残りの1車線を公園化する構想(2009年に事実上断念)、地域コミュニティ税の導入(2009年)など市を二分する議論が相次いだ[3]。2010年の市長選では地域コミュニティ税廃止を掲げた戸敷正(元佐土原町長)が当選した。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 津村市長引退表明 宮崎日日新聞、2009年9月22日付社説。
  2. ^ 清武町は津村の引退後の2010年3月に編入された。
  3. ^ 津村市政16年 1…全方位外交 宮崎日日新聞、2009年11月21日。


公職
先代:
長友貞藏
Flag of Miyazaki, Miyazaki.svg 宮崎市長
第22-25代:1994 - 2010
次代:
戸敷正