小林乾一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林乾一郎

小林 乾一郎(こばやし けんいちろう、弘化2年(1845年) - 昭和4年(1929年)1月)は、日本の教育家政治家。後の延岡市長鈴木憲太郎の実父。

主な事績[編集]

明治時代延岡を代表する教育者政治家衆議院議員として、明治期の宮崎県の発展に寄与した。また、延岡の女子教育に大きく貢献した「女児教舎」の提唱者であり、その総監督を務めた。

生涯[編集]

1845年(弘化2年)、延岡の生まれ。藩校廣業館で学んだ後長崎に遊学し、その後東京大学南校に学ぶ。

帰郷後、廣業館ついで亮天社の英語教師となる。

星亨の勧めで自由党に入り、1886年(明治19年)宮崎県会議員、1888年(21年)副議長、1890年(23年)議長、1892年(25年)には衆議院議員となった。

1887年(明治18年)の政府の民有林国有化政策に対しては先頭に立って反対運動を展開し、県北の民有林を守った“県北民有林の父”として有名である。その功績をたたえ、愛宕山の中腹に胸像が建立されている。

議員辞職後は旧藩主である内藤政挙の家令を長く務め、延岡の発展に寄与した。

1929年(昭和4年)1月に85歳で没。

関連項目[編集]