コンテンツにスキップ

小林乾一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小林乾一郎

小林 乾一郎(こばやし けんいちろう、弘化2年6月15日1845年7月19日) - 昭和4年(1929年1月2日[1])は、日本の教育家政治家。後の延岡市長鈴木憲太郎の実父。

主な事績

[編集]

明治時代延岡を代表する教育者政治家衆議院議員として、明治期の宮崎県の発展に寄与した。また、延岡の女子教育に大きく貢献した「女児教舎」の提唱者であり、その総監督を務めた。民有林の国有化に反対し、「県北民有林と林業の父」とも称される[2]

生涯

[編集]

1845年弘化2年)、日向国延岡(現・宮崎県延岡市)生まれ[2][1]藩校廣業館で学んだ後長崎に遊学し、その後東京大学南校に学ぶ[3]。横浜修文館の英語教師を勤めた後、1873年(明治6年)に帰郷、延岡社学(亮天社)の英語教師となる[2]

1881年(明治14年)星亨の勧めで自由党に入り[2]1886年(明治19年)宮崎県会議員[2]、1888年(明治21年)副議長、1890年(明治23年)議長、1892年(明治25年)衆議院議員となった[2]。1899年(明治32年)に議員を辞職後、旧藩主である内藤政挙の家令を長く務め、延岡の発展に寄与した[2]1929年昭和4年)1月、85歳没。

1887年(明治18年)の政府による民有林国有化政策に際して、先頭に立って反対運動を展開し、民有林の確保に奔走した[2]。天外と号し、漢詩や書画に親しみ、梅の絵を得意とした[2]

1965年6月、功績をたたえ、愛宕山の中腹に胸像が建立された[2]。2014年、胸像が山頂駐車場へと移転された[2]

脚注

[編集]
  1. ^ a b 小林乾一郎』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f g h i j k 小林乾一郎翁像を移設-延岡|夕刊デイリーWeb ヘッドラインニュース”. www.yukan-daily.co.jp. 2021年11月25日閲覧。
  3. ^ みやざきの101人”. www.pref.miyazaki.lg.jp. 宮崎県. 2021年11月25日閲覧。

関連項目

[編集]