河野俊嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
河野 俊嗣
こうの しゅんじ
Governor Miyazaki Syunji Kouno. In the case of a symposium of the Kojiki, I photographed it at Meiji university.jpg
河野 俊嗣(2012年)
生年月日 (1964-09-08) 1964年9月8日(52歳)
出生地 広島県呉市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員自治省総務省
所属政党 無所属
公式サイト 河野俊嗣(しゅんじ)/新しい宮崎へ

宮崎県の旗 公選第18・19代 宮崎県知事
当選回数 2回
在任期間 2011年1月21日 - 現職
テンプレートを表示

河野 俊嗣(こうの しゅんじ、1964年9月8日 - )は、日本自治総務官僚政治家宮崎県知事(公選第18代)。2007年2月より2010年10月まで宮崎県副知事を務めた。

来歴・人物[編集]

広島県呉市出身。広島大学附属高等学校東京大学法学部卒業後、1988年自治省(現:総務省)に入省し、宮城県庁勤務をはじめ、愛知県春日井市の企画調整部長、埼玉県のまちづくり支援課長・財政課長など地方自治体の要職を歴任。総務省では自治財政局地方債課理事官、税務企画官などを歴任。この間ハーバード大学へ留学。

2005年4月、宮崎県庁に出向し総務部長に就任。2007年2月、東国原英夫宮崎県知事の下で副知事に就任。2010年9月に東国原が再選不出馬を表明したのを受け、同年10月13日に県知事選に出馬すると正式に表明し、同日付で副知事を退職[1]。12月26日投開票の知事選で当選し[2]、2011年1月21日に正式に就任した[3]

2014年12月21日投開票の知事選挙に出馬し、再選を果たした[4]

1980年に入学した広大附属高校では、伝統のあるサッカー「班」に所属していた。同校では一般的な「部」という名称は使用せず、文化部・運動部に別れ、その下に各班が置かれる。このため正式には運動部サッカー班となる。

出典[編集]

外部リンク[編集]