三島誠也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三島誠也

三島 誠也(みしま まさや[1] / せいや[2]1894年明治27年)1月[1] - 1962年昭和37年)6月1日[3])は、日本の内務警察官僚。官選県知事。旧姓・大槻。

経歴[編集]

熊本県出身。大槻頼継の二男として生まれ、三島キジエの養子となる[1]第五高等学校を卒業。1917年10月、文官高等試験行政科試験に合格。1918年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。内務省に入省し宮城県属となる[1][4]

以後、宮城県警部京都府属・同府警視、同府理事官警視庁理事官、同警視、長崎県書記官警察部長、内務理事官、内務書記官、鹿児島県書記官・内務部長[5]、警視庁書記官・警務部長などを歴任[1]

1935年1月、宮崎県知事に就任[2]1937年7月、奈良県知事に転任。紀元二千六百年記念行事の実施、奈良保健所の設置などを推進。1940年4月、軍事保護院副総裁となる[1]1942年に退官し、戦後、公職追放となった[4]

追放解除後の1952年、参議院議員補欠選挙に熊本県から改進党公認で立候補したが、松野鶴平に敗れた[6]。翌1953年第3回参議院議員通常選挙全国区から改進党公認で立候補したが落選した[7]。その後、日本土木工業協会専務理事、東日本建設業保証会社社長を務めた[3]

著作[編集]

  • 述『勞報の使命』大日本勞務報國會、1944年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』723頁。
  2. ^ a b 『新編日本の歴代知事』1091頁。
  3. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1962年6月3日朝刊、11面の訃報より。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』221頁。
  5. ^ 『官報』第1504号、昭和7年1月8日。
  6. ^ 『毎日新聞』1952年10月21日1面。
  7. ^ 『参議院名鑑 1890年から現在 貴族院含む』964~965頁 日本国政調査会編 国政出版室 1977年

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。