戸田恒太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸田恒太郎

戸田 恒太郎(とだ こうたろう、1864年4月20日(元治元年3月15日[1] - 1934年昭和9年)12月19日[2])は、日本の内務警察官僚。官選宮崎県知事行政裁判所評定官。

経歴[編集]

長門国出身。長州藩士・戸田雅喬の長男として生まれる[1][3]1886年帝国大学文科大学を卒業した[1]

1890年10月、石川県参事官に就任。以後、長野県参事官、長野県警部長高知県警部長青森県書記官福井県書記官、茨城県書記官、静岡県書記官、同事務官・第一部長などを歴任[4][5]

1905年12月、宮崎県知事に就任。1906年7月に休職[5]1907年4月、行政裁判所評定官に就任。1913年6月に休職し、1924年11月に退官した[4]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『人事興信録』第3版、と13頁。
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1934年12月26日朝刊、8面の死亡広告より。
  3. ^ 『茨城人物評伝』4頁。
  4. ^ a b 「元行政裁判所評定官戸田恒太郎特旨叙位ノ件」
  5. ^ a b 『新編日本の歴代知事』1082頁。
  6. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  7. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 服部鉄石『茨城人物評伝』服部鉄石、1902年。
  • 内閣「元行政裁判所評定官戸田恒太郎特旨叙位ノ件」大正13年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-016-00・叙00805100
  • 人事興信所編『人事興信録』第3版、1911年。