盛本完

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
盛本完

盛本 完(もりもと かん[1] / ゆたか[2]1902年明治35年)4月[2] - 1955年昭和30年)11月17日[1])は、日本の内務警察官僚。最後の官選宮崎県知事

経歴[編集]

広島県出身。盛本縫之助の養子となる[2]1924年11月、高等試験行政科試験に合格。1926年中央大学法学部を卒業。1925年内務省に入省し、警視庁警部補となる[3]

以後、警視庁衛生主事、同衛生部衛生課長、同警視中野警察署長、早稲田警察署長、四谷警察署長、警視庁刑事部捜査第二課長、千葉県地方課長、同庶務課長兼人事課長、同知事官房主事、北海道庁事務官・経済部商業課長、神奈川県警察部特別高等課長、山梨県書記官・経済部長、富山県書記官・警察部長、三重県書記官・警察部長、山口県内務部長などを歴任[2]

1947年3月、宮崎県知事に発令され、知事選挙を執行して同年4月に退任した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』1257頁。
  2. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』1095頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』249頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。