松形祐堯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松形 祐堯(まつかた すけたか、1918年2月26日2007年8月23日)は、日本政治家官僚

宮崎県知事(公選第10‐15代)、林野庁長官を歴任。

略歴[ソースを編集]

宮崎県えびの市出身。 宮崎県立小林中学校(現・宮崎県立小林高等学校)、鹿児島高等農林学校(現・鹿児島大学)、九州帝国大学農学部卒業。 1942年農林省に入省。林野庁長官などを歴任後、1976年参議院議員補欠選挙に宮崎県選挙区から自由民主党公認で出馬したが落選。1979年当時の宮崎県知事黒木博の任期途中での辞職により急遽知事選に出馬し当選、2003年まで宮崎県知事を6期務めた。 6期目では全国で最高齢の知事であった。 2004年旭日大綬章受章。

2007年8月23日、肺炎のため死去。享年90(89歳没)。叙従三位。

経歴[ソースを編集]

家族・親族[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 昭和29年7月17日付け『官報』第8261号、315頁。
  2. ^ 昭和31年4月17日付け『官報』第8789号、331頁。
  3. ^ 昭和37年9月11日付け『官報』第10720号、229頁。
  4. ^ 昭和46年7月21日付け『官報』第13374号、14頁。
  5. ^ 昭和49年7月6日付け『官報』第14255号、12頁。
  6. ^ 昭和53年10月2日付け『官報』第15515号、18 頁。
  7. ^ 昭和54年7月4日付け『官報』第15737号、16頁。
  8. ^ 平成16年4月30日付け『官報』号外第92号、43頁。

関連項目[ソースを編集]

公職
先代:
福田省一
日本の旗 林野庁長官
第12代:1974 - 1976
次代:
藍原義邦