長船克巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長船克巳

長船 克巳(おさふね かつみ、1897年明治30年)6月[1] - 1974年昭和49年)[2])は、日本の内務警察官僚。官選県知事。「克己」と表記される場合がある。

経歴[編集]

岡山県邑久郡行幸村長船(現在の瀬戸内市)出身[3]。長船春太郎の長男として生まれる[1]第六高等学校(現・岡山大学)を卒業。1921年11月、高等試験行政科試験に合格。1922年東京帝国大学法学部(現・東京大学)政治学科を卒業。内務省に入省し北海道庁属となる[1][4]

以後、北海道庁理事官(商工課長兼工場課長)、石川県庶務課長、兵庫県農務課長[3]鹿児島県学務部長、長野県学務部長、和歌山県書記官警察部長、熊本県書記官・警察部長、愛媛県総務部長、静岡県書記官・総務部長などを歴任[1][5]

1941年1月7日、宮崎県知事に就任。戦時体制の整備に尽力[5]1943年7月8日、秋田県知事へ転任。戦争遂行の体制整備に尽力。東條内閣の退陣により、1944年8月1日、依願免本官となり退官した[6][7]

第二次世界大戦終了後、公職追放となる[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『人事興信録』第14版 上、オ257頁。
  2. ^ 岡山県瀬戸内市長船町長船の観音山墓地内にある墓地・墓誌による。
  3. ^ a b 『岡山県行幸記念誌』人物編 p40
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』230頁。
  5. ^ a b 『新編日本の歴代知事』1093頁。
  6. ^ 『新編日本の歴代知事』181頁。
  7. ^ 『官報』第5265号、昭和19年8月2日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
  • 岡山県行幸記念誌刊行会編『岡山県行幸記念誌』、1934年。