小島源三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小島源三郎

小島 源三郎(こじま げんざぶろう、1874年明治7年)11月15日[1] - 1934年昭和9年)5月19日[2])は、日本の内務官僚弁護士。官選秋田県知事静岡市長

経歴[編集]

群馬県勢多郡出身。小島彦右衛門の二男として生まれる[3]群馬県尋常中学校私立日本中学校を経て、第一高等学校を卒業。1911年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(仏法)を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し総務局属となる[1][3][4]

以後、広島県参事官、内務省参事官、関東州民政署事務官・旅順支署長、関東都督府民政署長、長崎県事務官第四部長、静岡県事務官・内務部長などを経て、1913年6月、兵庫県内務部長となる[1][3]

1916年4月、秋田県知事に就任。吉乃鉱山精錬所設置問題で反対する地元側を支援。そのため、1917年1月に知事を休職となる[2][3]。同年11月28日、依願免本官となり退官した[4][5]

同年、原敬の勧めで露領水産組合長に就任し、ロシア革命政府漁業権の交渉を行った[3]1926年9月、静岡市長となり1929年9月まで在任。1931年に弁護士を開業した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『人事興信録』第4版、こ34頁。
  2. ^ a b c 『日本人名大辞典』755頁。
  3. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』172頁。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』182頁。
  5. ^ 『官報』第1598号、大正6年11月29日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。