鯉沼巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鯉沼 巌(こいぬま いわお、1877年明治10年)1月8日 - 1933年昭和8年)11月3日[1][2])は、日本の内務警察官僚政友会系官選秋田県知事。旧姓・河野。

経歴[編集]

大分県速見郡、後の山香町(現杵築市)出身。河野伝次郎の三男として生まれ、1906年、鯉沼かねの養子となる[3]

高等小学校を卒業後、苦学して日本大学を卒業。1905年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1906年5月、内務省に入省し福島県属となる[1][3][4][5]

以後、島根県事務官島根県警察部長、長野県警察部長、三重県警察部長、青森県内務部長、三重県内務部長などを経て、1927年5月、神奈川県書記官警察部長に就任[1]

1928年2月、秋田県知事に就任。焼失した秋田県立師範学校の移転問題の解決などに尽力。濱口内閣の成立により1929年7月、知事を休職となる[3]。同年8月8日、依願免本官となり退官した[1]。その後、東京で療養中に死去した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「故鯉沼巌位階追陞ノ件」
  2. ^ 『新編日本の歴代知事』176頁では、「11月2日」に死去。
  3. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』176頁。
  4. ^ 『人事興信録』第8版、こ99頁。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』187頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。
  • 内閣「故鯉沼巌位階追陞ノ件」昭和8年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-017-00・叙01176100