池田秀雄 (衆議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
池田秀雄

池田 秀雄(いけだ ひでお、1880年明治13年)2月2日[1] - 1954年昭和29年)1月20日)は、日本のジャーナリスト内務官僚政治家衆議院議員

経歴[編集]

佐賀県出身。池田轍の三男として生まれる。第五高等学校を経て、1909年東京帝国大学法科大学を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格するが、朝日新聞社に入社。1910年内閣拓殖局属となる。以後、拓殖局書記官長野県理事官広島県理事官、宮城県視学官岐阜県警察部長、外務事務官兼内務書記官、広島県・宮城県の各内務部長などを歴任。

1924年6月、秋田県知事に就任。同年12月、朝鮮総督府へ転じ殖産局長となる。1929年7月、北海道庁長官となり、1931年10月まで在任し退官した。

退官後、京城日報社長に就任。1932年2月、第18回衆議院議員総選挙において佐賀県第1区に立憲民政党から出馬し当選。以後、1942年4月の第21回総選挙まで連続4回の当選を果した。この間、立憲民政党総務、改進党顧問、廣田内閣商工政務次官などを務めた。

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[2]

著作[編集]

  • 平井三男との共著『朝鮮読本』松山房、1929年。
  • 『満洲統治論』日本評論社、1934年。
  • 『朝鮮産業政策の絶好なる転換期』金港堂書籍、1935年
  • 『ソ連政治の研究』理想社、1954年。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、30頁。
  2. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年147頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。


公職
先代:
西村保吉
日本の旗 朝鮮総督府殖産局長
第2代:1924 - 1928
次代:
今村武志