志波三九郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
志波三九郎

志波 三九郎(しば さんくろう、1850年4月16日嘉永3年3月5日) - 1903年明治36年)6月29日)は、日本政治家衆議院議員県知事、長崎県会議長。心形刀流免許皆伝

経歴[編集]

肥前国高来郡神代村(現:長崎県雲仙市)で神代鍋島家家臣・中島如幼の三男として生まれ、志波丈之助の養子となる。佐賀藩校弘道館などで学び、また剣術の修行にも精進した。

1879年、長崎県会議員に選出され、後に県会議長となる。1894年3月、第3回衆議院議員総選挙に長崎県第三区で自由党から出馬し当選。1898年3月の第5回総選挙まで連続3回の当選を果した。

1898年6月、第1次大隈内閣が成立し、翌月、石川県知事に登用された。以後、静岡県秋田県の各知事を歴任。秋田県知事在任中の1903年6月、大阪で開催されていた第5回内国勧業博覧会へ出張中に発病し、東京で死去した。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 内閣「秋田県知事志波三九郎特旨叙位ノ件」明治36年。アジア歴史資料センター レファレンスコード:A10110125100