岩村高俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
岩村高俊
いわむら たかとし
Takatoshi Iwamura.jpg
生年月日 1845年12月8日
(旧暦)弘化2年11月10日
出生地 土佐国幡多郡
没年月日 (1906-01-04) 1906年1月4日(60歳没)
出身校 文武館
称号 従二位勲二等男爵

日本の旗 貴族院議員(勅選)
在任期間 1892年1月 - 1906年1月4日
テンプレートを表示
志士時代の岩村高俊

岩村 高俊(いわむら たかとし、弘化2年11月10日1845年12月8日)- 明治39年(1906年1月4日)は、江戸時代後期の土佐藩士、明治期の官僚華族である。初名は精一郎。

宿毛領主伊賀家に仕えた岩村英俊(礫水)の三男で、岩村通俊林有造の弟。位階勲等は従二位勲二等男爵。美術評論家・美術史家の岩村透は長男、次男は建築家の竹腰健造

経歴[編集]

土佐幡多郡に生れる。藩校の文武館で蘭学砲術を学ぶ。慶応3年(1867年)9月に通俊鉄砲購入に随行して長崎へ行く。ここで監察佐佐木高行の添え書きを得て11月に上京し、陸援隊に入隊した。直前に同郷の坂本龍馬中岡慎太郎近江屋で暗殺されると、暗殺者と噂された紀伊藩三浦休太郎陸奥陽之助らと共に襲撃した(天満屋事件)。その後、鷲尾隆聚高野山出兵に参加している。

戊辰戦争では、新政府軍の東山道先鋒総督府の監察および応接係として転戦。北越戦争では山道軍を率いて越後国の長岡に迫り、小千谷慈眼寺にて長岡藩家老河井継之助と会談する。だが、「会津藩を説得する」という河井の嘆願を「時間稼ぎであろう」と全く聞く耳を持たず交渉は決裂、結果として長岡藩は新政府軍の敵に回って激戦が行なわれた。明治2年(1869年)には戊辰戦争の功で永世禄高200石を得た。

維新後、有栖川宮家令、宇都宮県神奈川県の権参事を務めた後、明治7年(1874年)2月に佐賀県権令となり、内務卿・大久保利通の内意を受けて江藤新平を盟主とする征韓党の挙兵(佐賀の乱)の鎮圧に努めた。乱の後は内務省に移り、大久保の随員として井上毅らとともに清国を訪れている。同年11月には江木康直の後任として愛媛県へ赴任。明治13年(1880年)まで権令を務め、地租改正や民会施策などを実施。以後は内務省の大書記官、石川愛知福岡広島の県令や知事を歴任、明治25年(1892年)に貴族院議員となり、明治29年(1896年)には男爵に叙された。明治31年(1898年)7月30日、錦鶏間祗候に任じられた[1]

晩年は京都市一条堀川に住み、議会開催中のみ上京していた。長男の岩村透が男爵位を継いでいる。

評価[編集]

人格的評価については、毀誉褒貶様々な意見がある。

戊辰戦争期[編集]

北越戦争時に、山縣有朋が小千谷の新政府軍本営に着いた際、岩村は贅沢な朝食を地元の娘に給仕させており、激怒した山縣は土足のままその膳を蹴り上げたという。長州人の岩村への評価は「キョロマ」[2]であり、木戸孝允も同様の評価をしている(後述)。

長岡藩家老河井継之助は、本気で中立論を展開し、山縣有朋か黒田清隆との会談を希望していたが、岩村はこれを一蹴している。後年自伝では「途中で従うようになった信州各藩の家老は平凡な人材ばかりで、河井についても経歴・人物を知らなかったため、時間稼ぎをしているだけだと思った」と述懐している。 そもそも、長岡藩の他の家老達は新政府への恭順派が多く、出奔した者すらいた。また、長岡藩は意地になって潰さねばならぬほどの規模ではない小藩であった。この岩村の熟慮を欠いた判断が、長岡藩を奥羽列藩同盟側へ追い込むこととなった。その結果、北越戦争における新政府軍のみじめな戦果、長岡藩ほどの小藩の抵抗による想定外の大損害、一度陥落させた城を奪われるという軍事史的にまれな大失態を起こす。

河井と山縣或いは黒田清隆との会談が実現していれば、北越戦争そのものを避けられた可能性がある、会津藩への講和交渉を引き受けるとまで提案した河井に対し、一切の交渉の機会を与えなかったというのは、一軍の将として狭量と言える。しかしながらあくまで小藩である長岡藩の、こと他藩との折衝実績のない河井に列藩同盟との調停が可能であったかは疑問の残るところである。どちらにせよ河井を捕縛することなく帰してしまったことは失態と言って差し支えないだろう。

行政家として[編集]

佐賀県権令としても、ドナルド・キーンの「無能で横柄な岩村の抜擢は、最悪の選択だったと言える」との厳しい評がある。キーンの『明治天皇』によれば、岩村は佐賀藩島義勇の前で佐賀藩士を侮辱し、彼を反乱側へと追いやったとしている。もっとも木戸孝允は、この人選は大久保利通の佐賀を決起に追い込むための策略(すなわち岩村の性格ならば、必ずや佐賀士族を侮辱し憤らさせるような事態を起こすであろうことを見越したもの)であると看破し、後に大久保に対する人格批判への根拠として久米邦武に洩らしている。

後に赴任した愛媛県では、積極的に旧藩士を登用し「民権県令・平民長官」などと呼ばれた。末広鉄腸は当時の功績・人望を高く評価している。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4526号、明治31年8月1日。
  2. ^ 軽率で無思慮という長州方言
  3. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  4. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  5. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。

参考文献[編集]

  • 磯貝幸彦ほか「『岩村高俊自傳草稿』の翻刻と解題」『國學院大學図書館紀要』、5巻、P.71-123、1993年

外部リンク[編集]