貝島太助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
貝島太助

貝島太助(かいじま たすけ)、弘化2年1月11日1845年2月17日) - 大正5年(1916年11月1日)は日本実業家筑豊御三家と称された貝島財閥の創始者であり、「筑豊の炭坑王」の異名を取った。

筑前国鞍手郡直方町(現・福岡県直方市)の貧農の家に生まれ、両親を助けるために幼少時から坑夫となり、行商、旅館経営を経て、明治3年(1870年)から炭坑業に従事、明治10年(1877年)の西南戦争による価格の暴騰で巨利を得て、明治18年(1885年)に大之浦炭坑(鞍手郡上大隈村代ノ浦、現・宮若市上大隈)を開坑した。

その後次々と鉱区を拡大、井上馨の交流も深め、明治27年(1894年)の日清戦争による好況で更に事業を拡大し、明治31年(1898年)に貝島鉱業合名会社を設立、明治42年(1909年)に株式会社に組織変更して石炭事業に専念した。また、貝島私学と呼ばれた私立大之浦小学校(現・宮若市石炭記念館)、私立岩屋小学校なども設立した。大正5年(1916年11月1日、71歳で死去。

参考文献[編集]

  • 福田康生『筑豊の炭坑王・貝島太助の物語』自分史図書館刊、2003年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]