大芝惣吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大芝惣吉

大芝 惣吉(おおしば そうきち、1868年明治元年9月)- 1925年大正14年)10月7日)は、日本の内務官僚検察官政治家政友会系官選県知事衆議院議員

経歴[編集]

甲斐国巨摩郡村山西割村[要出典](現在・北杜市)で大芝治貫の長男として生まれる。1890年和仏法律学校(現・法政大学)を卒業。代言人試験に合格。1894年、弘前区裁判所判事に任官。以後、盛岡・秋田・大津・八王子の各区裁判所検事などを歴任。

以後、佐賀県事務官警察部長、富山県事務官・警察部長、福島県警察部長、同内務部長などを務める。1913年6月、群馬県知事に就任し、1914年4月まで在任。1915年3月、第12回衆議院議員総選挙で福島県郡部区に立憲政友会から出馬し当選。衆議院議員を一期務めた。1917年12月、佐賀県知事に発令された。以後、群馬県知事(再任)、宮崎県知事を歴任。

人物[編集]

  • 官選知事として露骨に政党色を出し、政友会の党勢拡張に県政を利用したと批判されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献『新編日本の歴代知事』291頁、994頁。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。