石橋和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石橋 和(いしばし やわら、1873年明治6年)6月3日[1] - 没年不詳)は、日本の内務警察官僚。官選県知事

経歴[編集]

福岡県出身。石橋伊三郎の三男として生まれる[1]第一高等学校を卒業[2]1899年東京帝国大学法科大学を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し土木局属となる[2]

以後、滋賀県参事官岩手県参事官、埼玉県警部長埼玉県事務官第四部長、愛知県事務官・警察部長、福島県事務官・内務部長[3]岐阜県内務部長、大阪府警察部長、東京府内務部長などを歴任した[1][4]

1915年1月8日、佐賀県知事に就任[4]1917年1月17日、岐阜県知事に転任。美濃九郡の米生産検査制度を実施し、大井川水利権問題の解決などを行う。同年4月の第13回衆議院議員総選挙で岐阜県における与党政友会が振るわず、同年12月17日に知事を休職となる[5][6]1918年10月29日に依願免本官となり退官した[7]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『人事興信録』第5版、い187頁。
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』189頁。
  3. ^ 『官報』第7522号、明治41年7月23日。
  4. ^ a b 『新編日本の歴代知事』993頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』542頁。
  6. ^ 『官報』第1614号、大正6年12月18日。
  7. ^ 『官報』第1873号、大正7年10月30日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第5版、1918年。