今宿次雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今宿次雄

今宿 次雄(いましゅく つぐお、1884年明治17年)1月10日 - 1971年昭和46年)9月4日[1])は、日本の内務官僚政治家。官選県知事八日市市[1]。旧姓・三浦。

経歴[編集]

京都府出身。三浦寛一の二男として生まれ、今宿家の養子となる[2]第七高等学校造士館を卒業。1909年東京帝国大学法科大学を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。農商務省に入省。内務省に転じ滋賀県属となる[2][3]

以後、滋賀県警視、同理事官熊本県理事官、福岡県事務官、千葉県警察部長、埼玉県書記官・内務部長などを歴任[2]

1926年9月、沖縄県知事に就任。第1次若槻内閣総辞職に伴い1927年5月に辞任[2]1929年9月、佐賀県知事に就任。濱口内閣の緊縮政策により、県予算の再編成を実施。1930年7月に知事を辞職した[4]

1955年3月、八日市市長に当選し、市長を一期務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』152頁。
  2. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』1128頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』194頁。
  4. ^ 『新編日本の歴代知事』998頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。