濱口内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
濱口内閣
Hamaguchi Cabinet.JPG
親任式後の閣僚
内閣総理大臣 第27代 濱口雄幸
成立年月日 1929年昭和4年)7月2日
終了年月日 1931年(昭和6年)4月14日
与党・支持基盤 立憲民政党
施行した選挙 第17回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1930年(昭和5年)1月21日
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

濱口内閣(はまぐちないかく)は、衆議院議員立憲民政党総裁濱口雄幸が第27代内閣総理大臣に任命され、1929年昭和4年)7月2日から1931年(昭和6年)4月14日まで続いた日本の内閣である。

閣僚の顔ぶれと人事[編集]

国務大臣[編集]

1929年(昭和4年)7月2日任命[1]。在職日数652日。

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣総理大臣 27 濱口雄幸 Osachi Hamaguchi posing.jpg 衆議院
立憲民政党
- 幣原喜重郎 Kijuro shidehara.jpg 貴族院
無所属
同和会
男爵
臨時代理
(外務大臣兼任)
1930年11月14日兼[2]
1931年3月9日免兼[3]
外務大臣 31 幣原喜重郎 Kijuro shidehara.jpg 貴族院
無所属
(同和会)
男爵
内閣総理大臣臨時代理
内務大臣 41 安達謙藏 Kenzo adachi.jpg 衆議院
立憲民政党
大蔵大臣 30 井上準之助 Inoue Junnosuke 1-2.jpg 貴族院
(無所属→)
立憲民政党
(無会派)
陸軍大臣 19 宇垣一成 Lit. Gen. Kazushige Ugaki.jpg 陸軍大将
陸大14期
- 阿部信行 Abe Nobuyuki.jpg 陸軍中将
陸大19期
臨時代理
(班列)
1930年6月16日任[4]
1930年12月10日免兼[5]
海軍大臣 13 財部彪 Takeshi takarabe.jpg 海軍大将
海兵15期
1930年10月3日免[6]
14 安保清種 Kiyokazu Abo 01.jpg 海軍大将
海兵18期
男爵
初入閣
1930年10月3日任[6]
司法大臣 32 渡邊千冬 Chifuyu watanabe.jpg 貴族院
無所属
研究会
子爵
初入閣
文部大臣 38 小橋一太 Ichita kobashi.jpg 衆議院
立憲民政党
初入閣
1929年11月29日免[注釈 1][7]
39 田中隆三 Ryuzo tanaka.jpg 衆議院
立憲民政党
初入閣
1929年11月29日任[7]
農林大臣 6 町田忠治 Chuji machida.jpg 衆議院
立憲民政党
商工大臣 6 俵孫一 Magoichi tawara.jpg 衆議院
立憲民政党
初入閣
逓信大臣 33 小泉又次郎 Matajiro koizumi.jpg 衆議院
立憲民政党
初入閣
鉄道大臣 8 江木翼 Tasuku egi.jpg 貴族院
立憲民政党
同成会
拓務大臣 2 松田源治 Genji matsuda.jpg 衆議院
立憲民政党
初入閣
班列 - 阿部信行 Abe Nobuyuki.jpg 陸軍中将
(陸大19期)
陸軍大臣臨時代理 初入閣
1930年6月16日任[4]
1930年12月10日免[5]
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

内閣書記官長・法制局長官[編集]

1929年(昭和4年)7月2日任命[1]

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣書記官長 29 鈴木富士弥 Fujiya suzuki.jpg 衆議院
立憲民政党
法制局長官 25 前田米蔵 Yonezo maeda.jpg 衆議院
立憲政友会
事務引継
1929年7月3日免[8]
26 川崎卓吉 Takukichi kawasaki.jpg 貴族院
立憲民政党
(同和会)
1929年7月3日任[8]
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

政務次官[編集]

1929年(昭和4年)7月5日任命[9][10]

職名 氏名 出身等 備考
外務政務次官 永井柳太郎 衆議院/立憲民政党
内務政務次官 斎藤隆夫 衆議院/立憲民政党
大蔵政務次官 小川郷太郎 衆議院/立憲民政党
陸軍政務次官 溝口直亮 貴族院/無所属(研究会)/予備役陸軍少将(陸大20期)/伯爵 1930年8月19日免[11]
伊東二郎丸 貴族院/無所属(研究会)/子爵 1930年8月19日任[11]
海軍政務次官 矢吹省三 貴族院/無所属(公正会)/男爵
司法政務次官 川崎克 衆議院/立憲民政党
文部政務次官 野村嘉六 衆議院/立憲民政党
農林政務次官 高田耘平 衆議院/立憲民政党
商工政務次官 横山勝太郎 衆議院/立憲民政党
逓信政務次官 中野正剛 衆議院/立憲民政党 1930年12月23日免[12]
中村啓次郎 衆議院/立憲民政党 1930年12月23日任[12]
鉄道政務次官 山道襄一 衆議院/立憲民政党 1930年3月12日免[13]
黒金泰義 衆議院/立憲民政党 1930年3月12日任[13]
拓務政務次官 小坂順造 衆議院/立憲民政党

参与官[編集]

1929年(昭和4年)7月5日任命[9]

職名 氏名 出身等 備考
外務参与官 織田信恒 貴族院/無所属(研究会)/子爵
内務参与官 内ヶ崎作三郎 衆議院/立憲民政党 1930年3月11日免[14]
一宮房治郎 衆議院/立憲民政党 1930年3月11日任[14]
大蔵参与官 勝正憲 衆議院/立憲民政党
陸軍参与官 吉川吉郎兵衛 衆議院/立憲民政党
海軍参与官 粟山博 衆議院/立憲民政党
司法参与官 井本常作 衆議院/立憲民政党
文部参与官 大麻唯男 衆議院/立憲民政党
農林参与官 山田道兄 衆議院/立憲民政党
商工参与官 岩切重雄 衆議院/立憲民政党 1930年3月11日免[14]
野田文一郎 衆議院/立憲民政党 1930年3月11日任[14]
逓信参与官 福田五郎 衆議院/立憲民政党
鉄道参与官 山本厚三 衆議院/立憲民政党
拓務参与官 武富済 衆議院/立憲民政党

勢力早見表[編集]

※ 内閣発足当初(前内閣の事務引継は除く)。

出身 国務大臣 政務次官 参与官 その他
りつけんみんせいとう立憲民政党 7 10 11 内閣書記官長法制局長官
けんきゆうかい研究会 1 1 1
とうわかい同和会 1 0 0
とうせいかい同成会 1 0 0
こうせいかい公正会 0 1 0
むかいは無会派 1 0 0
くんふ軍部 2 0 0
かんりよう官僚 0 0 0
13 12 12

内閣の動き[編集]

立憲民政党を中心とする政党内閣だが、一方で貴族院の親民政党議員を多く入閣させたところに特色がある。

外務大臣には外務省から幣原喜重郎を起用し、その協調外交は幣原外交と呼ばれた。また財界から信任のある井上準之助蔵相を起用して金解禁、緊縮政策、産業合理化を断行した。また政友会の反対を排除してロンドン海軍軍縮条約を結んだ。これらが右翼からの反感を買い、1930年(昭和5年)11月に濱口首相が東京駅構内で右翼団体愛国社党員の佐郷屋留雄に銃撃されて執務不能となると、慣例により閣僚の中で宮中席次が最も高かった幣原が内閣総理大臣臨時代理を務めた。しかし幣原は民政党員でない上に臨時代理が長期に及んだこと(結果的に最長不倒記録の116日)などから、その失言をきっかけとして野党政友会からの激しい攻撃を受けることになり、加療入院中の濱口が杖を突きながら復帰することとなったが、病状の悪化により総辞職した。その4か月後に濱口は死去した。

濱口は、初の明治生れ、高知県土佐藩)出身の総理大臣である。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 越後鉄道疑獄事件による引責辞任。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。

外部リンク[編集]