淵上房太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

淵上 房太郎(ふちがみ ふさたろう、1893年明治26年)6月2日[1] - 1976年昭和51年)2月28日[2])は、日本の政治家内務官僚衆議院議員沖縄県知事

経歴[編集]

福岡県出身。淵上仁七郎の長男として生まれる[1]第一高等学校を経て、1918年東京帝国大学法科大学政治科を卒業。大蔵省に入省し専売局書記、同副参事を務める。1920年10月、高等試験行政科試験に合格[3]

1923年内務省に転じ兵庫県明石郡長に就任[3]。以後、同県川辺郡長、長崎県地方課長、石川県商工水産課長、宮崎県地方課長、三重県学務部長、青森県書記官警察部長、岩手県書記官・総務部長、大分県書記官・総務部長、広島県書記官・総務部長などを歴任[2]

1938年6月、沖縄県知事に就任し、1941年1月まで在任。柳宗悦からの批判を受け論争となった標準語励行運動を推進した[1]

1947年4月、第23回衆議院議員総選挙福岡県第2区から日本自由党の所属で出馬して当選。その後、第24回第27回総選挙で当選し、衆議院議員を3期務め、衆議院運輸委員長、日本自由党総務、自由民主党沖縄問題特別副委員長などを歴任[2]

その他、日本医療団理事、福岡燃料(株)社長、南方同胞援護会副会長、沖縄協会副会長などを務めた[2]

著作[編集]

  • 『ひうが : 歌集』淵上房太郎、1932年。
  • 『現代日本と生産方式 : 炭鑛國家管理になぜ反對するか』政經書房、1947年。
  • 『「沖縄」の再検討』南方同胞援護会、1957年。
  • 『これが沖繩だ! : 米国の指導者に直言する』南方同胞援護会、1957年。
  • 『沖縄の施政権 : 返還方式案提唱』淵上房太郎、1965年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』1131頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』560頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』228頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。