平良幸市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
平良 幸市
たいら こういち
Koichi Taira 01.jpg
1962年頃に撮影
生年月日 1909年7月23日
出生地 沖縄県中頭郡西原町
没年月日 (1982-03-05) 1982年3月5日(72歳没)
出身校 沖縄師範学校
(現・琉球大学
前職 沖縄社会大衆党中央執行委員長
所属政党 沖縄社会大衆党→)
無所属
配偶者 妻・平良梅子

日本の旗 Flag of Okinawa Prefecture.svg 本土復帰後第2代 沖縄県知事
当選回数 1回
在任期間 1976年6月15日 - 1978年11月23日
テンプレートを表示

平良 幸市(たいら こういち、1909年7月23日 - 1982年3月5日)は、教育者で、琉球政府及び沖縄県政治家

1976年から1978年まで沖縄県知事を務めた。沖縄県中頭郡西原町出身。

経歴[編集]

明治42年(1909年)7月23日生まれ。昭和3年(1928年)に沖縄師範学校を卒業する。

戦前は小学校の教師を務めていた。戦後1950年に結成された沖縄社会大衆党に入党し、同党書記長や委員長を歴任する。立法院議員及び沖縄県議会議員を務めた後、昭和51年(1976年)の県知事選挙屋良朝苗の後継者と立候補して勝利、沖縄県知事に就任する。

在任中は屋良朝苗前知事以来の政策を継承した。しかし、交通制度改正に関連した予算折衝のため上京した際に脳血栓で倒れ、任期半ばにして辞任した。

私文書が梅子夫人により1995年に沖縄県公文書館へ寄贈され、2005年より公開されている。

政策[編集]

米軍基地関連[編集]

計画的返還と有効な跡地利用を図るため、軍用地転用特措法案要綱策定。

経済[編集]

沖縄の産業まつりを企画するなど、地場産業育成。また総合交通体系の基本構想を策定し、モノレール導入を計画した。

文化立県[編集]

琉球大学医学部設置促進など。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 新城俊昭『教養講座 琉球・沖縄史』編集工房 東洋企画 386ページ

関連項目[編集]