沖縄の産業まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

沖縄の産業まつり(おきなわのさんぎょうまつり)は、(社)沖縄県工業連合会や沖縄県などの実行委員会が主催する、那覇市奥武山公園にて3日間行われる祭りである。

沖縄県を拠点とする企業、各種団体、個人の特産品や新製品が多く集まるため、地元では最大級の規模を持つ総合産業展である。県民にも馴染みがある催し物であり、1日約5万人の人が訪れる。

概要[編集]

名称
  • 沖縄の産業まつり
開催理念
  • 生産者の生産意欲の高揚と県産品に対する消費者意識の啓発に努めるとともに、時代のニーズに対応した新製品の開発と品質の向上を促進し、もって県内外市場の拡大を図り、特色ある本県産業の振興に資する。
  • 全産業を網羅した総合産業展として位置づけ、幅広く県民へピーアールすることにより、県内産業に対する県民の意識を深めることとする。
会場
主催
  • 沖縄の産業まつり実行委員会
後援

沿革[編集]

テーマ[編集]

  • 第30回 - 上等サー うれしいサー 言われてニッコリ県産品
  • 第31回 - 美ら島生まれ キラリ輝く 県産品
  • 第32回 - 県産品 ぼくの誇り わたしの安心
  • 第33回 - 県産品 つながる広がる みんなの笑顔

アクセス[編集]

  • 那覇軍港臨時駐車場
会場とを結ぶ無料シャトルバスが運行。
公共機関

関連項目[編集]

外部リンク[編集]