小田切磐太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小田切磐太郎

小田切 磐太郎(おたぎり いわたろう、明治2年10月3日[1]1869年11月6日) - 1945年昭和20年)9月22日[2])は、日本の内務官僚政治家弁護士実業家。官選県知事衆議院議員

経歴[編集]

信濃国高井郡須坂[3](現長野県須坂市)に須坂藩の御用商人、小田切豊太郎の長男[3]として生まれる。長野県尋常中学校[3]第一高等学校を経て、1895年帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業[2]。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1896年10月、衆議院属となるが内務省に転じ福島県属に任官[4]

以後、福島県参事官山形県書記官栃木県書記官、茨城県事務官山口県内務部長などを歴任[5]

1912年6月、山形県知事に就任[6]1916年4月、沖縄県知事に発令されたが、政争による異動のため赴任せず、翌月に辞任し退官した[3][5]。その後、弁護士を務める。また、信濃共栄社長、信濃電気副社長、梓川電力副社長、長野商工会議所会頭などを歴任[2]

1917年4月の第13回衆議院議員総選挙で長野県郡部区に立憲政友会から出馬し当選。第14回総選挙でも当選し、衆議院議員を二期務めた[2]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.14。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』112頁。
  3. ^ a b c d 『長野県歴史人物大事典』164頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』175頁。
  5. ^ a b 『新編日本の歴代知事』1125頁。
  6. ^ 『新編日本の歴代知事』193頁。
  7. ^ 『官報』第6490号「叙任及辞令」1905年2月21日。
  8. ^ 『官報』第1105号「叙任及辞令」1916年4月11日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 赤羽篤外編『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年。
  • 『長野県姓氏歴史人物大辞典』角川書店、1996年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。